中年世代のための健康・ボディケア情報

体のケアと身だしなみブログ

【NHKガッテン】脳を癒す瞑想法でストレス解消しよう!

投稿日:2016年9月29日 更新日:

スポンサーリンク


昨日放映されていたNHKの「ガッテン!」で特集されていた「脳が若返る瞑想パワー」の内容は、すごく役に立ったような気がします。

ボケない!脳が若返る「めい想パワー」SP - NHK ガッテン!

不安やストレスで悩む人が多くなっている現代社会、その心理的負担を軽減する方法の一つとして注目されているのが「瞑想法」だとか。

瞑想というと、なんだか宗教的な意味が強そうな気がするけど、実際には脳の科学に近い働きをするトレーニング法だということを、番組の中で順を追って説明していました。

結論から言うと、

毎日たった3分間、目をつぶってめい想の呼吸を行うだけでも、脳の記憶の中枢「海馬」などが活性化、若い頃のようなパフォーマンスを発揮してくれる

ということです。(上記リンクからの引用です)

海馬というのは、脳の中ほどに位置する組織体で、記憶や空間学習能力を司る器官。

f:id:chocomale:20160929020856p:image

出典:https://ja.wikipedia.org

ストレスやうつ病など、何らかの心理的ストレスを受け続けた人は、健康な人に比べてこの部分(海馬体)が縮んでいるのだとか。

心理的ストレスを長期間受け続けるとコルチゾールの分泌により、海馬の神経細胞が破壊され、海馬が萎縮する。心的外傷後ストレス障害(PTSD)・うつ病の患者にはその萎縮が確認される。(海馬 (脳) - Wikipediaより)

医学的に言うと上の表現のようになりますが、まあとどのつまり、ストレス物質が海馬体を破壊するということなのでしょう。

だがいったん壊れた海馬体が二度と修復しないかというと、実はそうでもないというのが、番組で触れられた「瞑想」による海馬体の復活。

瞑想をすることで海馬体の大きさが回復するというのは、これまた医学的に言うと、
βエンドルフィン(=脳内ホルモンの一つ)が分泌されたり、A10神経が活性化すると、海馬における長期記憶が増強する。海馬 (脳) - Wikipediaより)

とのことで、これもエンドルフィンが出るようなことをすれば、海馬体が”華々しく再デビュー”できるという素晴らしいお話!

大事な器官なだけに、一度壊れても修復が可能だというのは、スマホやパソコンなどで頭を使うことの多い現代人にとって、非常に有り難いことです。

瞑想の方法

ではその具体的方法のひとつである「瞑想」とは、一体どのようにすればよいのでしょうか?

これが実に簡単で、今すぐにでも実行できて速攻で効果があるから、今回記事で取り上げようと思ったのですよ。

色々説明されていましたが、以下にシンプルにまとめてみました。

①目を閉じる

②座って背中を伸ばす

③体の力を抜く

④呼吸する

これだけ。

シンプルでしょう?

もちろん少はコツはいります。

まずは鼻で呼吸をすること。

呼吸は「息を吸う」「息をはく」ことだけに意識をかたむけること。

それ以外のことは、一切考えない。

考えや思いが出て来てもさらりと流して、ひたすら息の出し入れに集中するふうにする。

f:id:chocomale:20160929030404j:image

これを3分間ほど続けると、不思議や不思議、自然と意識は呼吸にだけいって、それでいて精神は覚醒している感じになれましたし、終わった後も、なんだかすごく脳みそが楽になったような気もしました。

番組の最後で出演者全員が3分間瞑想をやっていましたが、みんな一様にぼんやりしながらも、不思議と落ち着いたような顔をしていました。

たぶん自分と同じ感覚だったんじゃないでしょうか?

特に出演者の一人である勝村正信さんなどは、もう完全にあちらの世界に行かれていたようで(笑)、明らかに番組ということを忘れてボーッとした顔をしてたのが面白かったですね。よほど気持ちがよかったんでしょう。

これ、ずっと続けてたら、ほんといい感じに脳みその疲れも取れて、長生きできそうな気がします。

呼吸法自体は、武道をかじってたこともあったので多少の心得はありましたが、今回の瞑想法はそこからさらに脳にクローズアップした感じ。

3分間の瞑想後は、何度も言うけど、本当に頭がゆるんだ感じがしたなあ。

なにより、方法がすごく簡単なのがいいです。

これは寝る前とかはもちろん、座る場所があれば、いつでもどこでもできるので、すごくすごくおススメですよ^^(もちろん立って行っても 効果は出ると思われます。立禅 というのがあるくらいですから)

詳しい瞑想法は番組HPに掲載されていますので、そちらをご参照くださいね。

-ボディケア, マインドケア

Copyright© 体のケアと身だしなみブログ , 2019 All Rights Reserved.