体と心に美味しい情報を紹介

体のケアと健康について考えるブログ

【NHKガッテン】血管を強くするピーナッツ!しっかり食べて悪玉コレステロールを撃退しよう!

2017年1月11日

今日のNHKガッテン!はピーナッツ特集です。

血管を強くしなやかに!ピーナッツパワー解放ワザ(仮) - NHK ガッテン!

ピーナッツといえば、ポリポリ齧りだすとやめられない止まらない「おやつ」「おつまみ」の代表的な食材。

そんな日常のおやつの王様ピーナッツには、知られざる素晴らしいパワーがあったということを今日のガッテンで初めて知りました。

そのパワーとはいったい何なのか?

ではその秘密に迫ってまいりましょう。

スポンサーリンク

ピーナッツ出生の秘密と健康パワー

番組では冒頭でハーバード大学付属病院のウォルター・ウィレット医師らが、30年かけて12万人の人にピーナッツを食べてもらって得たデータを基にした、ピーナッツの人体への効果を明らかにしていました。

それによれば、ピーナッツを食べることで、

・腎臓病
心臓病
・糖尿病

のリスクが減るということ。

すなわち、

血管を作り、血管を強くする効果

があることが判明したのです。

同付属病院でも、健康メニューの作成にピーナッツが使われていて、その様子を番組で映していましたが、出来あがりのピーナッツ料理はなかなか美味しそうで、見るだけで良い香りが漂ってきそうでした。

そんなピーナッツはどうやって出来るのか?

実はそのユニークな生態に、健康パワーの秘密があったというのです。

ピーナッツが生まれるのは土の中

子房丙と呼ばれる茎のような部分が土の中に伸びていき、地中で結実してピーナッツが誕生します。

地中では土に含まれるミネラル成分がピーナッツの種の中にある「でんぷん」を油に替えていき、その結果、ピーナッツ独特の油「ピーナッツオイル」が誕生するのです。

ピーナッツの最大の特徴は、その実の半分が油で構成されていることで、ピーナッツオイルはまさに土によって育まれた大自然の油というわけなのですね。

そんな由来のためか、ピーナッツ油には悪玉コレステロールを減らす効果があります。

これはオレイン酸という脂肪酸の一種による効果といわれ、他にもパルミチン酸リノール酸リノレン酸などの脂肪酸が含まれているためか、それらがバランスよく配合されていて、これがピーナッツパワーの源泉の一つとなっているようです。

またほかにも、その茶色い薄皮にはレスベラトロールという強い抗酸化力をもった物質があって、抗ガン作用も発見されているということ。(*「医者いらずの食べ物事典」(PHP文庫)より)

こうした人体への効果以外にも、車の燃料としてもかつて使われていたほど(ディーゼルエンジンに使用されたそうです)、その汎用度は広かったとか!

これはピーナッツオイルが燃えやすい性質を持っているからだそうですが、それにしても車まで動かしてしまうピーナッツパワーには、出生からその実力まで本当に驚きの連続でしかありませんね。

スポンサーリンク

ピーナッツの効果的な食べ方を紹介!

ピーナッツ研究を行ったハーバート大学付属病院によると、ピーナッツは
1日1オンス

食べると良いとのこと。

「1オンスって、なんぼやねん?」と笑福亭笑瓶さんがすかさず突っ込んでましたが(笑)、これは日本語に置き換えると、
1日20粒

となるようです。

20粒といえば、小皿にちょこっと載せたくらいの量で、本当にすぐに食べきってしまう数ですが、実はこれが結構なカロリーがあって、
150キロカロリー

もあるのだとか。

これはご飯にすると、一杯半くらいの熱量になるようですね。

冒頭に出てきたウォルター氏によれば「ピーナッツといえども食べすぎるとカロリー過多にになるので、肉や炭水化物に置き換えて食べるとよい」とのことで、これはつまり、一日20粒の量をいかに上手に料理に混ぜるかがポイントになるでしょう。

そんな素晴らしき食材であるピーナッツを美味しく、そしてヘルシーに食べる方法を、番組で紹介されていたピーナッツ料理のレシピと調理法に準じながら、以下にまとめていきたいと思います。

ピーナッツ炒め(ビールのおつまみ用)

レシピ

・市販のピーナッツ

調理法

①ピーナッツをフライパンで炒める(中火で3分)

②完成

*炒ったほうが脂が出てくるので美味しい

*3分ほど冷ますと、食感と甘味がアップ!

ピーナッツペースト

レシピ

・市販のピーナッツ

調理法

①ピーナッツをフードプロセッサーにかける(フードプロセッサーが無い場合は、すり鉢ですり潰してもOK)

②完成

ピーナッツ和風料理「らっか汁」

レシピ

・ピーナッツペースト:40g
・水:400ml
・味噌:30g
・お好みの具材

調理法

①鍋に入れたお湯にピーナッツペーストを入れる(ダシの代わり)

②そのほかの材料を入れて混ぜる

③完成

ピーナッツ坦々うどん

レシピ

・ピーナッツペースト:50g
・豆乳(あたためたもの):100ml
・醤油:大さじ2
・砂糖:小さじ1
・ラー油:適量

・うどん:2玉
・ネギ(斜めスライス):80g

調理法

①ピーナッツペースト、豆乳、醤油、砂糖、ラー油をよく混ぜる

②沸騰した湯にうどんの玉とネギを入れてゆで、最初に作った①をかける

③完成

まとめ

ピーナッツの健康パワーと料理の数々、如何でしたでしょうか?

個人的には最後の坦々うどんが非常に美味しそうで、これはぜひ一度作ってみたいなあと。

あと簡単に出来るピーナッツ炒めなんかもよろしくて、これは本当におつまみに最高な感じです。

ピーナッツペーストはすごく汎用性が高くて、それこそトーストに塗ったり、ご飯にかけたり、ちょっとした調味料として使っても全然美味しいと思いますので、これはぜひとも全国の主婦ならびに主夫の方にお勧めしたい食べ方の一つだと思いますね。

これはぜひとも毎日きっちりピーナッツを20粒食べて、悪玉コレステロールを撃退して心臓病や腎臓病、糖尿病にかからないような健康な体を手に入れないといけませんね。

あと最後の最後に紹介されていた、ピーナッツの殻を砕いて袋につめて消臭剤に使っている学生さんの技はなかなか優れものでした。

匂いが80%減とは本当に素晴らしい!あれもぜひ使わせてもらいます^^

【ナッツおすすめ】

ビタミンEたっぷり・栄養満点!ナッツ実食ランキング7選

リノール酸やオレイン酸などの「不飽和脂肪酸」が豊富に含まれたナッツ類は、日本だけでなく、アメリカでも広く健康食品として認められています。 ナッツ類の魅力は、なんといっても手軽に手に入れることができて、 ...

続きを見る

【コレステロール対策】

【DHA・EPAサプリメント】コレステロール抑制と脳の機能サポート用に購入レビュー【大正製薬】

健康サプリメントのレビューです。 今回紹介するのはDHA・EPAのサプリメント。 大手メーカーの大正製薬が販売しているものを購入しました。 ではその詳細を見ていきましょう。 コンテンツ DHA・EPA ...

続きを見る

コレステロールケアにひと飲み!「オリーブジュースカプセル」実食レビュー!

オリーブオイルのジュースが詰まったカプセルのレビューです。 オリーブオイルそのものは健康に良いというイメージがあります。 実際に多くのテレビメディアや書籍でも、その栄養分の高さが紹介されていますし、料 ...

続きを見る

【サンスター 緑でサラナ】トクホ飲料で安心!コレステロール抑制によい野菜ジュースレビュー

緑野菜を中心にした健康飲料です。 メーカーはサンスターということで、個人的には歯磨き粉のイメージが強い感じがあります。 健康飲料にも分野を広げていたとは驚きですね。 そんな大手ブランドの繰り出す健康飲 ...

続きを見る

【NHKガッテン】レムナントコレステロールが悪さをする!悪玉コレステロールを下げる方法を紹介!

今回のガッテンは「コレステロールの新常識SP」です。 コレステロールの新常識SP 一番注意すべきはコレだ! - NHK ガッテン! 健康診断表でよく目にするコレステロール値。普通は3つに分かれていて、 ...

続きを見る

【室内運動おすすめ】

年齢に関係なくできる「かんたん室内トレーニング」4選

運動不足は健康に良くないだけでなく、見た目のマイナスにもつながります。 引き締まった顔や体は見ていて気持ちの良い物。 年齢や男女問わずに「格好いい!」となりますよね。 もちろん高齢者の方などは、筋力の ...

続きを見る

-ナッツ類, 血管ケア

Copyright© 体のケアと健康について考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.