ピーナッツと栄養価の優等生「卵」を料理してみた!

投稿日:2017年1月14日 更新日:

スポンサーリンク


ガッテン!の「ピーナッツ特集」レビューから続く、実食タイム最終回です。

過去3回の実食レビューでは、それぞれピーナッツを使って簡単に加工したものを食べてみたわけですが、今回は今までの中で一番「料理」しているレビューになるような気がします。

といっても、あくまで料理が苦手な私の手によるものですので、あまり期待せずにご覧頂ければと思います。

「ピーナッツ・卵」の栄養分と効能

ではまずピーナッツと、今日の食材「卵」の栄養分をそれぞれ下に箇条書きにしてみます。

【ピーナッツ】

・マメ科ラッカセイ属

・収穫期は秋から冬

・エネルギーは562kcla(100グラム当たり)

・飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がバランスよく含まれている

・コレステロール値を下げる

・ミネラルやタンパク質が多いので、体に良い食材

【卵】

・必須アミノ酸をバランスよく含むため、免疫力を高める働きがある

・レシチンに含まれるコリンという成分が脳を活性化して、アルツハイマーなど脳の老化に働きがあるといわれている

・レシチン中のコリンに中性脂肪の量を調節し、血圧を下げる働きがある

・メチオニンという必須アミノ酸が体内の老廃物や毒素を排泄する働きがある

・美肌のもとになるコラーゲンは卵に豊富に含まれるアミノ酸

卵は栄養価の優等生! | もっと知りたいたまごの話 | 那須ファーム

いやあ、それぞれに本当に栄養価が高いですね。

中でも卵黄のコリンは脳の健康にも大きな働きがあるということで、ピーナツにも血中のコレステロールを下げる役割があり、卵のコリンともども、脳に体に大きな働きが期待できそうですね。

では早速、ピーナッツ&卵料理の実食と行きましょうか!

スポンサーリンク


ピーナッツの卵和え

今回使うピーナッツは神奈川県の秦野産です。

一日に必要とされる20粒をチョイス。

f:id:chocomale:20170113202619j:image

次に卵です。

家にあった普通の卵。

割ってときます。

このままピーナッツと一緒に焼いてもいいんですが、卵焼きに「まろやかさ」を求める私はここに牛乳を投入。

f:id:chocomale:20170113204224j:image

味付けとして塩を少々。

f:id:chocomale:20170113202637j:image

混ぜて、

完成です。

次にピーナッツをフライパンで炒めます。

卵を焼く前に油をひこうと思ったのですが、考えてみれば、ピーナッツから油が出てくるので、これを卵の香りつけにするにしくはないと。

良い香りと油がでてきました。

f:id:chocomale:20170113202634j:image

では卵を投入しましょう。

f:id:chocomale:20170113202642j:image

いい感じです。

f:id:chocomale:20170113202646j:image

では皿に移し替えるとします。

f:id:chocomale:20170113202647j:image

おおお。

それなりに卵焼きの良い香りが。(焦げてますが)

ピーナッツもちゃんと混ざってます。

エクセレント!

実食タイム&まとめ

それでは食べてみることにします。

まず第一の感想が、

塩味がきいててうまい

ということ。

これは卵をとじるときに投入した塩の味ですね。

この塩味が卵本来の甘さと、途中でいれた牛乳のまろやかさを引き立てています。

加えてピーナッツの食感、香ばしさと絶妙に合っててイケてますね。

普通の卵焼きは最初は美味しいけれど、ふわふわした食感にだんだん飽きてくるもの。

そこへ時々「カリリ」と歯に当たる、ピーナッツの歯ごたえが程よい刺激を脳みそに与えてくれて、飽きない味に変えてくれるような気がします。

これからの朝食には外せないメニューの一つになりそうです^^

体に良いナッツ実食ランキング【8選】

リノール酸やオレイン酸などの「不飽和脂肪酸」が豊富に含まれたナッツ類は、日本だけでなく、アメリカでも広く健康食品として認められています。 ナッツ類の魅力は、なんといっても手軽に手に入れることができて、 ...

続きを見る

【参考文献】

502品目1590種まいにちを楽しむ 食材健康大事典

スポンサーリンク&関連記事

-ナッツ類, 血管・血液ケア

Copyright© 体のケアと身だしなみレビューブログ , 2019 All Rights Reserved.