総合まとめ・ランキング

尿酸値リスクを下げる「サプリメント・食べ物・飲み物」11選

投稿日:2017年8月29日 更新日:

痛風の原因の一つだと言われている「尿酸値」を下げる成分が入った「サプリメント・飲みもの・食べもの」をまとめてみました。

これまで実際に購入したものを体験レビューつきで紹介させてもらいます。

あくまで個人的な体験や感想をベースにしていますが、良ければ尿酸値ケアの参考の一助にして頂ければと思います。

サプリメント編

①ファンケル「尿酸サポート」

健康機能食品の大手メーカー「ファンケル」の尿酸値ケアサプリメントです。

尿酸値に対する機能を臨床試験で確認した「日本初」の機能性表示食品となっています。

尿酸の抑制と排泄の促進作用を持つ「アンペロプシン」と、プリン体の吸収を抑制する「キトサン」を配合しており、尿酸値が6.0~7.0前後の方におすすめとなっています。

どちらも藤茶やカニやエビなどの甲殻類から摂取された自然成分なのも、安心材料の一つですね。

⇒ファンケル公式サイト

>>「ファンケル尿酸サポート」購入&実食レビューをみる

②UMIウェルネス「アンセリンEX」

created by Rinker
アンセリンEX 単品(1袋30包入り)

水産メーカー「焼津水産化学産業」の100%子会社によるアンセリンサプリメントです。

尿酸値の上昇を抑える成分アンセリン(魚由来)とサポート成分「キトサン」「クエン酸カリウム」「クエン酸ナトリウム」「発酵大麦エキス」を含んだ内容となっています。

味わいは「かに」風味と塩味が強めです。

高品質のアンセリンを50㎎含んでいるので、質の良い素材による尿酸値のケアが期待できます。

⇒UMIウェルネス公式サイト

>>「アンセリンEX」購入&実食レビュー

③コアシステム「恵葉プレミアム」

created by Rinker
JNET‐STORE(コアシステム)

尿酸値の上昇を抑える成分アンセリンを豊富に含んだサプリメントです。

サポート成分として「キャッツクロー」「ケルセチン」「葉酸」「ビタミンC」「海藻」「ヨモギ」「酸化マグネシウム」を含んだリッチな内容になっています。

中でもキャッツクローは、南米ペルーに自生する蔓性の植物でインカ時代から使用されてきた歴史を持ち、その高い栄養価で優れた健康サポート力を持つといわれています。

味わいはキャッツクローもしくはヨモギと思われる「植物性」の味わいが強く、特にヨモギの風味が懐かしさを感じさせてくれます。

豊富な配合成分で尿酸値のケアだけでなく、健康維持にも良い効果が期待できます。

⇒恵葉プレミアム公式サイト

>>「恵葉プレミアム」購入&実食レビュー

④DHC「ルテオリン 尿酸ダウン」

健康食品大手DHCの尿酸値サプリです。

配合成分「ルテオリン」はポリフェノールの一種で、食用の菊の花から抽出されています。

尿酸のもととなるプリン体は、体内での分解により「キサンチン」という有機化合物に変化して、最終的に尿酸へと変わるため、『ルテオリン 尿酸ダウン』では、「プリン体→キサンチン」「キサンチン→尿酸」、この2段階プロセスを[ルテオリン]が阻害して、尿酸が過剰につくられるのを抑制することで、尿酸値を下げるはたらきが期待されています。

サプリはカプセルタイプで、フローラルな香りと塩味の効いたスパイシーさが特徴的です。

>>「DHCルテオリン」購入&実食レビューをみる

⑤DHC「アンセリン 30日分」

DHCのアンセリン・サプリメントです。

尿酸値を下げる作用をもつ魚由来のアンセリンを配合しています。

ハードカプセルタイプで3粒を飲むと、アンセリン成分が60mg摂取できます。

飲んでみた味わいは魚風味が強く、まずまずの美味しさを感じました。

手軽に摂れるアンセリン・サプリとしておすすめです。

>>「DHCアンセリン」購入&実食レビューをみる

スポンサーリンク

食べもの編

⑥明治「プロビオ・ヨーグルトPA-3」

職場の年配の先輩に「尿酸値下がるよ~」と勧められたヨーグルトです。

プリン体を排出するとされる乳酸菌を含んでおり、実際の効果に大きな期待が持てそうです。

濃厚かつさっぱりしていて美味しく、個人的にはヨーグルトの味わいだけでもけっこうイケました。

乳製品に特有のカゼインとラクトアルブミンを含むため、牛乳やヨーグルトと同じく、尿酸値の降下が期待できます。

>>「プロビオヨーグルト」購入&実食レビューをみる

⑦DL-アラニン

尿酸値の排出を促す成分アラニンの粉末パウダーです。

尿を作る腎臓に作用して尿酸値の排泄を促す効果が期待できます。

食品では「しじみ」「あさり」「かに」「のり」「牛や豚のレバー」「鶏肉」など、飲料では「乳製品」を摂取することで体内でアラニンに変化するといわれています。

食品添加物のパウダーとして売られているものを購入して味わってみましたが、甘さがあるのでコーヒーなどに混ぜると飲みやすいかもしれません。

>>「DL-アラニン」購入&実食レビューをみる

飲みもの編

⑧アンセリン粉末緑茶

殺菌作用や血糖値に働きのある緑茶成分カテキンと、尿酸値降下作用のあるアンセリンの混ぜた粉末緑茶です。

魚由来のアンセリンが緑茶に増幅されて、少し生っぽい味わいですね。

後味はすっきりして、爽やかな苦みがなかなか美味しいかと。脂っこい料理の後に向いています。

>>「アンセリン粉末緑茶」購入&実飲レビューをみる

⑨コーヒー

喫茶の友、コーヒーです。

香ばしい匂いはそれだけでリラックス効果をもたらしますが、痛風にも良い効果があるという研究結果が出ています。

日経電子版によれば、米国で行われたコホート研究での「コーヒーをよく飲む人ほど痛風発症のリスクが低い」(Arthritis Rheum. 2007;56:2049-2055.)と報告や、カナダの大学でも同様の結果が得られたといいます。

飲む場合はブラックもしくは低脂肪乳、キシリトールで味付けすると低カロリーで摂取できます。

基本的にはどのようなコーヒーでも良いと思いますが、個人的にはドイツのノンカフェインコーヒー「マウントハーゲン」、バターと活性炭、ジンジャーやマカを含んだ「チャコールバターコーヒー」が美味しくておすすめですよ。

⇒活性炭もブレンドされた新発想バターコーヒーダイエット

>>「チャコールバターコーヒー」購入&実飲レビューをみる

>>「マウントハーゲン」購入&実飲レビューをみる

➉アップルサイダービネガー

尿酸値に良く働くとされる「リンゴ酢」です。

アメリカでは「アップルサイダービネガー」として、実際に痛風対策の健康自然素材として人気があります。

炭酸とはちみつと混ぜると、かなり美味しいです。

ただし原液のままで飲むと「行き場のない怒りと絶望」に駆られるため、間違っても試さないようにしてください(自分で試して絶望の淵に追い込まれました笑)

>>「アップルサイダービネガー」購入&実飲レビューをみる

⑪低脂肪乳

低脂肪の乳製品です。

牛乳に含まれた「カゼイン」という成分が胃腸で分解された「アラニン」が腎臓の働きを助けて、尿酸を体の外に押し出す働きがあり、痛風予防にも良い働きが期待できます。

手軽に飲めるのがポイントですね。

2種類の低脂肪乳を実飲しましたが、明治はマイルドで飲みやすく、らくのうのはすっきりして淡白な味わいでした。

>>「低脂肪乳」飲み比べレビューをみる

まとめ

尿酸値を下げる成分を含んだ「サプリ・飲みもの・食べもの」を取り上げてみました。

実際に自分で購入したものを紹介しましたが、今後も気になる商品あれば、随時ピックアップしていきます。

尿酸値が気になる方は、またチェックしてみてくださいね。

*飲み物・食べ物・サプリメントは健康補助食品です。医薬品のような治療効果はありませんので、栄養補給、健康をサポートする目的での摂取をお勧めします。

【尿酸値の関連記事】

⇒【しゃぶしゃぶ】尿酸値に良い理由~具体例と栄養効果を紹介します

⇒ビールを飲んでも尿酸値は大丈夫だった!アルコールの摂り過ぎには要注意!

⇒【眠れない痛風体験談】尿酸値が上がった原因は「食事」と「ストレス」にあった?!

【参考文献】

・「痛風の治療と食事療法」(日高雄二・神山律子著:日東書院)

・「尿酸値が下がる新ワザ52」(谷口敦夫監修:学研)

・「スーパー図解 尿路結石症」(坂本善郎監修:法研)

-総合まとめ・ランキング

Copyright© 体のケアと健康を考えるブログ , 2019 All Rights Reserved.