健康、ボディケア、コスメの情報&体験レビュー

体のケアと健康について考えるブログ

スキンケア 健康ジャンル 粉末・ゼリー 食べもの

【野洲化学工業ゼリエース 体験談】肌や骨に良いゼラチン粉末を紹介

更新日:

以前にNHKガッテンのコラーゲン特集を取り上げたことがあり、その記事を読んだ読者の方から「コラーゲンの実食レビューはしないのか?」というリクエストを多数頂きまして。

www.karadanocare.com

今回はその声に応える形で、「ゼラチン」購入レビューする運びになりました。

まずはコラーゲンというのはどのようなものか?そしてゼラチンとの関係は?という疑問を持つ方のために、前回レビューから抜き出した「まとめ書き」を、ここであらためて簡単に紹介しておきます。

〇コラーゲンは体内に入ると胃や腸で分解される

〇分解されたコラーゲンをコラーゲンペプチドといい、コラーゲンペプチドに反応した繊維芽細胞がコラーゲンを作り出し、皮膚の再生を始める。

〇しかし繊維芽細胞というのは、細胞組織にダメージがある場合にだけ反応するために、ダメージが無い場合はコラーゲンを作り出さない

「炎症を持つ人」「怪我がある人」がコラーゲンの恩恵を受ける。

〇コラーゲンは床ずれなど、長期間の寝たきりで皮膚が傷ついてしまう症状のほか、関節炎の治療動脈硬化の治療に利用される。

〇コラーゲンに熱を加えて抽出したゼラチンも、血中への吸収量は劣るものの、コラーゲンと変わらない効果がある

〇ゆえにコラーゲン・ゼラチンを摂取して美肌ぷるぷるになる人というのは、肌に損傷があったり、加齢によって皮膚にダメージの影響がある人と考えられる。つまりは・・・

いや、これ以上はやめておきましょう。

前回の時のように、世の中のお姉さま方を敵に回したくありませんので(笑)

このようにコラーゲンの効果はもちろんのこと、そこから作られたゼラチンも同じレベルの効果があるということになります。

なので、まずはコラーゲンの前に「ゼラチン」を試してみることに決めました。

ということで、購入したゼラチンの紹介と、続けてその実食レビューをご覧いただきましょう。

野洲化学工業のゼラチンを紹介

Amazonで「ゼラチン」検索をかけていたところ、野洲化学工業というメーカーさんの商品が人気が高かったので、購入を決めました。

最初はこちらの一キロタイプを考えていましたが、さすがに最初にしては量が多いですし、もし自分に合わなければもったいないので、まずは450gの顆粒ゼラチンタイプで試してみることにしました。

<商品説明>

・ふやかす必要がない顆粒ゼラチンです。

・60℃程度に温めた材料に直接振り入れ溶かします。

・「ゼラチンをふやかす」という作業プロセスを1つ減らし、素材本来の持ち味を存分に引き出せます。

・さらさらとした顆粒状でダマになりにくく、ゼリーやムースはもちろんのこと、喉越しをやわらげたい介護食の調理などにもお使いいただけます。

・標準使用量:材料1000mlにつき本品25

野洲化学工業 ゼリエース 顆粒ゼラチンP-160 450g」より

購入を決める際に参考にしたレビューを以下に挙げておきます。(省略あり)

・スーパーなどで販売されている小袋入りのゼラチン比べるとコスパが高い

・医療関係の資料でゼラチンが関節炎に良い効果があると知り、購入を決めた

・コーヒー、みそ汁、ジュースなどに入れて飲んでいる

・コーヒーに入れて飲んでいるが、スプーンでしっかり混ぜないと、カップの底にこびりつくので注意が必要

なるほどと。

コスパ高いのはいいよな、と。

しかもコーヒーに混ぜて飲めるというのは、コーヒー好きの自分には大変魅力的だったので、今回はほとんどこの一文が決め手となって購入したといっても過言ではありません。

そして最後の親切な注意書きも有難く・・

ということで、いよいよ次の章では商品レビューにいきましょう!

「ゼラチン」レビュー(見た目編)

詳しい商品紹介をご覧頂きたいので、写真の数がいつもより多めになっています。

どうかご了承くださいませ。

ではいよいよ・・

Amazonより到着です。

f:id:chocomale:20171122143638j:image

中身を拝見。

f:id:chocomale:20171122143633j:image

想像していたよりも大きいサイズです。

f:id:chocomale:20171122143628j:image

f:id:chocomale:20171122143622j:image

食べ方・飲み方です。

f:id:chocomale:20171122143617j:image

原料名。

豚由来のゼラチンです。

f:id:chocomale:20171122153556j:image

中身はどうでしょう?

f:id:chocomale:20171122153545j:image

f:id:chocomale:20171122153551j:image

純白ではなく、クリーム色です。

f:id:chocomale:20171122153540j:image

f:id:chocomale:20171122153535j:image

香りはなく、味もない、無味無臭のクリームパウダーといったところでしょうか。

では次の章では飲み物に混ぜて味わってみることにしましょう!

「ゼラチン」レビュー(実飲編)

コーヒー好きなので、いつも飲んでいるコーヒーに混ぜて飲むことにしました。

前回紹介したマウントハーゲンのカフェインレス・インスタントコーヒーです。

f:id:chocomale:20171122153658j:image

オーガニックの体に優しいカカオ豆が原料で、カフェインレスにも関わらずコクのある味わいが非常に気に入っています。

ミルクを入れて飲むと非常にマイルドになって、なまじかなドリップコーヒーよりもすこぶる美味しい、ここ最近のマイベストなコーヒーなんですよ。

f:id:chocomale:20171122153833j:image

f:id:chocomale:20171122153653j:image

果たしてどんな味わいになるのか?

f:id:chocomale:20171122153647j:image

ゼラチンを投入します。

f:id:chocomale:20171122153642j:image

混ぜます。

f:id:chocomale:20171122153901j:image

f:id:chocomale:20171122153855j:image

f:id:chocomale:20171122153847j:image

香りはいつものコク深いマウントハーゲンですかね。

飲んでみますか!

f:id:chocomale:20171122154034j:image

ゴクゴクと!

f:id:chocomale:20171122154027j:image

飲み干しました^^

味のほうですが、これが・・・

まったく普通のコーヒー味ですね^^;

ゼラチンそのものを舐めたときから分かっていましたが、コーヒーに混ぜても味は変わらずでした。

癖もなく食品に馴染みやすいということで、日常使いにもってこいな良質の素材になりましょうか?

変な匂いもしないし、味も食品に同化する・・・安全・安心の健康食品に決定ですかね。

とはいえ!

混ぜる時に気をつけないと、アマゾンのレビュアーの方が注意していたように、底のほうに溜まってしまうので要注意です。

こんな感じで!

f:id:chocomale:20171122154014j:image

f:id:chocomale:20171122154020j:image

少し固まった感じで、いかにもゼラチンな半透明の残り物がコーヒーカップの底に残留していました。

結構しっかりと混ぜたつもりなのですがね^^;

ゼラチンの性質上、多少の残留は仕方ないのかもしれません。

まあ、味わいや香りに問題はないので、これはこれで食べてしまいましょう^^

まとめ

少し長めのレビューになりましたが、如何だったでしょうか?

想像していたよりも癖がなく、食品に馴染む感じだったので、これからは色々な飲み物系の食材に混ぜていこうと思います。

実は肌の損傷や劣化は、女性だけの悩みだけでなく、男性でもあるのですよ。

もちろん美肌ぷるぷるというのは目的ではありませんが、やはり肌荒れというのは、男性といえども見た目にあまりよろしくありませんので・・・(特に中年を過ぎると、肌の劣化が若いころに比べて著しくなってきます)

今回の野洲化学工業さんのゼラチンは、Amazonでもベストセラー1位を獲得している安心・信頼の商品なので、今回の分が終われば、次回は1キロタイプを購入することにします。

皆さんも、ぜひともお試し頂ければと思います^^

www.karadanocare.com

-スキンケア, 健康ジャンル, 粉末・ゼリー, 食べもの

Copyright© 体のケアと健康について考えるブログ , 2019 All Rights Reserved.