身だしなみ 香水・フレグランス

【ジバンシィ プレイ】スパイシーな香りが魅力!落ち着きのあるフレグランスが気に入った!

投稿日:2017年11月26日 更新日:

スポンサーリンク


ジバンシィのフレグランス紹介です。

主に女性ファッションのブランドとして有名ですが、今回のフレグランスは男性でも着用が可能な香りになっています。

さっぱりとしてドライな色気のある匂いが気に入りました。

ではその内容をご覧ください^^

「ジバンシィ プレイ」テイスティング・レビュー!

普段使っているフレグランスの量が減ってきたので、新しいタイプのものを求めて専門店を訪ね、このプレイを購入しました。

実は今回が初めてのトライでして、たまたまみつけたこのフレグランスを試しにつけてみたところ、たちまちその爽やかで色気のあるウッディな香りが気に入り、すぐさま購入することにしたんですよ。

f:id:chocomale:20171219190731j:image

ケースもシンプルで自分好み。

f:id:chocomale:20171219190726j:image

実はこの入れ物も気に入っていて、大き目のプッシュボタン式のスプレー部分がなんともオシャレに感じたんですよね。

f:id:chocomale:20171219190720j:image

プシュッと一吹き。

f:id:chocomale:20171219190715j:image

そのつけ心地ですが、まず最初にくる香りが、柑橘系とくにベルガモットの鮮烈な香りがきました。

それが柔らかく変化していくと、次にくるのが、爽やかなウッディ(木)系の香りに。

柑橘系の少しキツめの香りが中和されて、優しみのあるフレーバーがそこに加わります。

時間がたつと、スパイシーだけど落ち着きのあるウッディな香りに変化していき、かなり心地よいひと時が過ごせました。

スポンサーリンク

「ジバンシィ プレイ」について

ジバンシィはユベール・ド・ジバンシィが創立したフランスのファッションブランドです。

その起源は1952年に遡り、女性を中心に多くの著名人が同ブランドを愛用してきました。中でも有名なのが、オードリー・ヘップバーン、グレース王妃、ジャクリーヌ・ケネディ。そうした彼女らが愛してきたブランドの個性は「エレガンス」に尽きるでしょう。

このように元来は女性のファッション・ブランドとして歴史を紡いできたジバンシィですが、その「エレガンス」な個性は、男性用のフレグランスとしても十分に耐えうるものでした。

「プレイ」の特徴を以下にまとめてみましょう。

〈トップノート〉

☆秘めやかなシトラスセンセーションベルガモット、マンダリン

〈ミドルノート〉

☆陽射しを浴びた木々の象徴アミリスウッド、コーヒーの木、ピンクペッパー

〈ラストノート〉

☆PLAYの闇の表情ベチバー、パチョリ、ラブダナム、トンカビーン

*香調はウッディ・オリエンタル

プレイ インテンス オーデトワレ | GIVENCHY

トップにくる香りが「柑橘系のフレッシュな爽やかさ」で、次に来る香りが「スパイスの効いた香り」、そして最後にくる香りが「ウッディなオリエンタル系の香り」となっており、全体的に爽やかな印象が強いフレグランスとなります。

まとめ

全体的には爽やかな香りが基調になっていますが、時間がたつにつれ、ほんのり柔らかい色気のある香りに変化するので、年齢層が高めの男性でも十分に似合うと思います。

ジバンシィのブランドイメージである「エレガンス」は、このあたりにあるのでは?

どちらかというと、夜の香水というよりも、活動的なシーンに似合うフレグランスだと思うので、プライベートだけでなく仕事での着用も相性が良いかもしれませんね。

今のところ、最もお気に入りのフレグランスです。

上品かつ軽い刺激のある香りをお好みの方は、ぜひ一度お試しください^^

 

追記

*ジバンシィ創設者のユベール・ド・ジバンシィ氏が亡くなられたそうです。(2018年3月13日付ニュース)

www.huffingtonpost.jp

詳しい死因は不明のようですが、年齢を考えると(91歳)、高齢による老衰での死去の可能性が高いかと。

数々の海外セレブから愛されたジバンシィ氏のファッション・香水フレグランスは今も多くの人に支持されており、きっとこれからも変わることなく世界中で使われていくことと思います。

ご冥福をお祈りいたします。

人気記事関節サプリ「ダイドードリンコ ロコモプロ」体験記

人気記事水虫の原因と予防・フットケアまとめ


スポンサーリンク

-身だしなみ, 香水・フレグランス

Copyright© 体のケアと身だしなみ実践ブログ , 2019 All Rights Reserved.