体のケアと健康について考えるブログ

健康・身だしなみに関する情報と体験レビューをお送りします

カテキン配合の煎茶と抹茶の違いとは?エピガロカテキンガレートについても紹介!

スポンサーリンク



NHKガッテンで放送された「口内フローラSP」で緑茶の持つカテキンパワーのすごさをこのブログでも紹介しました。

juntarouletter.hateblo.jp

それから実際に粉末緑茶を購入して、一月ほど使ってみたところ、

 

・口臭がしなくなった

・お通じがすごくよくなった

 

という想像以上の結果が得られました。

一つ目の「口臭がしなくなった」は番組で紹介されていた「口の中の歯周病菌を抑制する」ということですし、二つ目の「お通じが良くなった」は「緑茶に含まれる食物繊維が大腸を洗浄する」という効果があったのかなと考えています。

このように体が良いことが自分の体で分かったところで、お茶についてより詳しいことをまとめていきたいと思います。

  

カテキンとは?そしてその効能は?

 

from: peoplesgrocerycoop.com

 

カテキンとは、お茶に含まれるポリフェノールの一種で、よく言われる「お茶の苦み」がそれに当たります。

植物に含まれるポリフェノールの中でも、カテキンは特に強力な抗酸化作用を持つと言われています。

カテキンには生活習慣病に関わる活性酸素を抑制する優れた効果があります。

活性酸素は人体に侵入してきた細菌やウイルスを撃退する役目を持ちますが、喫煙やストレスなどによって増加すると、人体に有害に働くことになります。

血中の悪玉コレステロールと結合して、血栓の原因になってしまうこともその一つで、これを防ぐためにカテキン配合の茶を飲み、活性酸素の増加を抑制することを目指すというのです。

さらにカテキンには、細菌性タンパク毒素に対する抗毒素作用や、インフルエンザウイルスに対する抗ウイルス作用があるとされ、その殺菌効果と抗酸化作用で、人体に非常に有効に働くのだということが、様々な研究によって明らかにされています。

以上のことをまとめてみますと、

 

【活性酸素】

・ほどよい活性酸素⇒細菌やウイルスを撃退

 

・増えすぎた活性酸素⇒悪玉コレステロールと結合して血栓化の恐れ

 

【カテキン】

・活性酸素の増加を抑制

 

・抗毒作用、殺菌作用

   

  となります。

 

粉末緑茶と抹茶の違い

 

カテキンには優れた健康効果があることが分かりましたが、そのカテキンを豊富に含む緑茶の種類によって、カテキンの含有量が異なります。

そしてその違いを知ることで、飲むべき茶の種類を分けることができるということも、色々と調べるうちに併せて知ることができました。

ではその違いをここから説明していきます。 

 

煎茶

煎茶とは、現在、日本で最も流通しているお茶です。

普段飲むお茶のほとんどが煎茶ですよね。

煎茶の元になる茶の木は、新芽が出てから摘み取りまで、ずっと日光を浴びせて育てるので、渋み成分であるカテキンが光合成によって増加します。

その結果、程よい香りと爽やかな香りを持つ「煎茶」へと生まれ変わります。

その煎茶を粉末にしてできたのが粉末緑茶です。

当然含まれるカテキンの量は豊富で、その健康的恩恵を十分に受けることができる、というわけです。

 

【煎茶】

①茶葉の木に十分な日光を照射

②光合成でカテキンが増加

③煎茶になる 

粉末緑茶

 

抹茶 

次に抹茶です。

煎茶の茶の木が日光を十分に浴びて育てられるのとは逆に、抹茶となる茶の木は、一定期間、茶葉を黒い覆いをかけて育てられます。

日光を遮られた茶葉は光合成を抑制されて、カテキン(渋み成分)の増加も抑えられ、旨み成分であるテアニンを増加させて、味わい深い高級な抹茶になります。

これが抹茶の成り立ちです。

 

【抹茶】

①茶葉の木に覆いをかけて日光を遮る

光合成が抑制されてテアニンが増加

抹茶

 

以上が煎茶と抹茶の違いになります。

同じ茶の木から作られた茶葉でも、日光に当てる期間を調整することで、光合成をもコントロールでき、それによる味わいの違いすら生み出せるという、実に優れた先人の知恵がお茶には詰まっていたというわけなんですね。

普段、何気なく飲んでいるお茶にそんな違いがあるとは今までまったく知りませんでした。

カテキンを効率よく摂るには煎茶(粉末緑茶)、テアニンをしっかり摂るには抹茶ということになりそうです。

 

エピガロカテキンガレートの効果

 

次はエピガロカテキンガレートについてです。

人気健康番組「たけしの家庭の医学」(2017年7月11日放送)で、お茶に含まれる”エピカロカテキンガレート”という栄養成分が「動脈硬化予防に効果的である」という内容が放送されていました。

www.asahi.co.jp

それによれば、お茶にはエピガロカテキンガレートという栄養素が豊富に含まれており、その働きによって抗酸化作用、悪玉コレステロールの酸化を防ぎ、悪玉コレステロール値を下げる作用が期待できるそうです。

特にお茶の中でも煎茶はエピガロカテキンガレートを最も多く含んでいます。

その理由は先ほど説明した「抹茶と煎茶の違い」と同じで、茶葉の育成時にあてる日射量の違いにあるようだとか。

そうしたエピガロカテキンガレートを効果的に摂取するのに一番良いのが、粉末緑茶。

お茶の成分をそのまま摂れるので、良質なエピガロカテキンガレートが得られます。

また粉末緑茶をよく飲む農家さんの血管年齢は4~5歳若いということらしく、粉末緑茶は「体の掃除屋」そのものという感じがしますね。

 

まとめ

 

粉末緑茶は、お湯でなくても、水でも大丈夫なようですので、夏の暑い日などは冷たい水に溶かして飲むと美味しいと思います。

あとこれはまだ試してないのですが、牛乳に混ぜて飲むのも意外に健康度が増して良いかもしれません。

juntarouletter.hateblo.jp

このように煎茶をベースにした粉末緑茶はカテキンを多く含むだけでなく、いろいろな食材にも合うので、様々なシーンでそのヘルシーさと美味しさを同時に味わうことのできる非常に便利な食材の一つだと思います。

色々なタイプがあり、今回のように生薬系の自然素材を混合した粉末緑茶もありますので、それぞれの好みや体調に合わせて飲むことができるのも魅力の一つですね。

飲んでいてかなり調子が良いですので、これからも粉末緑茶は毎日飲み続けようと思います。

www.karadanocare.com

【参考サイト】

・カテキンのいろは | 日本カテキン学会

・緑茶とは?煎茶、玉露・・・何が違うの?【宇治園】

・お茶について|抹茶ができるまで

・フラボノイド | 成分情報 | わかさの秘密