体のケアと健康について考えるブログ

40代からの健康&ボディケア情報と体験レビューをお送りします

【マヌカハニー 体験談】爽やかな口当たりの健康ハチミツを紹介


ハチミツを買おうと思い、ネットで検索していたところ、マヌカハニーにたどり着きました。

一時期話題になったので名前は聞いたことはありましたが、それ以上のことは知らず、「おーマヌカハニーね」と軽い感じで見るだけ。

するとですね、レビューを見ると、かなり多くの方が「これはいい!」と絶賛してる模様だったので、ちょっと心が動かされたという次第で。

しかしすぐに買おうとは思わずに、マヌカハニーについて自分なりに色々調べてみたところ、なかなかの働きを持つ蜂蜜であることを知り、それなら一度試してみようということで購入する運びとなりました。

 

 

ではその栄養分と、実際の味わいをみていきましょう。

 

マヌカハニーの栄養と効果

 

まずはマヌカハニーの栄養について触れていきます。

日本語でマヌカハニーについてまとまった記述をまとめているサイトが見当たらなかったので、今回はこちらのサイトをメインに参考にさせてもらいました。

allaboutmanukahoney.com

 

・ニュージーランドの一部に生息するマヌカ(学名:ギョリュウバイ)の花の蜜から作られるはちみつ

・マヌカとはマオリ語で「復活の木」、「癒しの木」などを意味し、ニュージーランドの先住民族であるマオリ族は樹液や葉を薬として用いていた

・ピロリ菌、大腸菌などの胃腸疾患の改善、整腸作用

虫歯、口内炎、歯周病の改善・予防

喉の痛み、風邪、インフルエンザの予防

副鼻腔炎の治療

外傷による炎症鎮静効果(切り傷、火傷など)

 

などがマヌカハニーの歴史および効能になるようです。

 

 

他にも糖尿病やガンにも効果が期待されているとのことですが、こちらは十分に研究・実証されたわけではないので、あくまで「期待」以上のものはなさそうですね。

ほかにも、

メチルグリオキサール

という成分が豊富に含まれていて、こちらは天然はちみつではマヌカハニーだけなのだとか。

メチルグリオキサールは殺菌能力をもっている成分とされ、特に胃腸周りの疾患に大きな効果を発揮するようです。

 

食品メチルグリオキサールは酵素に弱い過酸化水素と比べ体内の酵素でも分解されず、希釈されていない状況でも殺菌力を発揮し、熱や光にも強いなど、過酸化水素よりもパワフルでアクティブな殺菌作用があるとのニュージーランド国立ワイカト大学の研究結果があります。

(上記サイトより)

 

なるほどと。

つまりはこのメチルグリオキサールが、マヌカハニーの力の源泉だということですね。 

 

マヌカハニーの実食レビュー(香りと味)

 今回購入したのは、MGO100+とUMF10+の2種類。

マヌカハニー専門サイト推奨通りのマヌカ規格に決めました。

 では一つずつ紹介していきましょう。

 

マヌカハニー【MGO100+】の場合

 

 

ネットや店舗で最もよく見るタイプです。

 

 

 

100gあたり

「エネルギー330㎉、たんぱく質0.3g、脂質0g、炭水化物82.1g、食塩0.04g」

という値。

ハチミツは通常のものでも栄養価が非常に高いので、330㎉という数値は驚くに値しませんね。

開封してみると、

 

 

 

レビューコメントにもあったような綺麗なキャラメル色。

香りですが、少しペパーミントが効いたようなスッとした匂いが混じっていて、そこが通常のハチミツと違うような気がします。

では一口食べてみましょう。

 

 

香りのとおり、スッとした爽快な風味があります。

甘いのだけど、非常に爽やか。

少し癖のある風味ですが(説明し難いですが)、これはマヌカの花由来でしょうか?

不味いということはなく、自分的にはむしろ美味しいです。

全体的にあっさりした味で、甘さが後に引くということはなく、これなら毎日食べられそうな気がします。

お湯で溶かしても、なかなか美味しかったので、そちらもご覧ください。

 

 

 

写真では色はほとんど変わりませんが、目視では、ほんのりマヌカ色してます。

爽やかなマヌカの風味がうっすら効いてて、喉がスーッとする感じがありました。

なるほど、これなら風邪予防や、のど荒れ防止にもに良いかもしれませんね^^

>>マヌカハニー蜂蜜 MGO400+ 250gはこちら

 

ハニーマザー【UMF10+】の場合

 

 

今度はUMF規格のほうをトライです。

こちらはハニーマザーという日本のメーカーさんのものをチョイスしました。

神戸の東灘に店舗を置いているブランドで、ニュージーランドで生産されたマヌカハニーを直輸入しているとか。

www.honeymother.jp

こちらのブランド直営の生産環境なのか、契約農家のものを輸入しているのかは分かりませんが、ホームページを見てなんとなく安心できそうな雰囲気だったので、購入を決めました。

日本のブランドなので、日本人向けに味付けがされているという期待もありましてね。

ではレビューに行きましょう!

 

 

 

綺麗な花のラベリングとキャラメル色のマヌカハニーが目に優しいですね。

エネルギー値は、100gあたり

「エネルギー346㎉、たんぱく質0.4g、脂質0g、炭水化物72.6g、ナトリウム12㎎」

という感じです。

カロリーはMGOより少し高めですかね。

たんぱく質、脂質は変わらず。

炭水化物はこちらのほうが低いです。

ナトリウムは食塩のことだと思いますが、これがMGOタイプと違って少々高い。(MGOは0.04g⇒4㎎)

ここの値の差が味にどう出るのか?

では味見と行きましょう。

 

 

開封すると、MGOタイプと同じ色の綺麗なキャラメル蜂蜜が出てきました。

香りはあまり変わらないですね。

爽やかなペパーミント交じりの匂い。

マヌカの花の香りということなのでしょうね。

 

 

味にいきましょう。

これがMGOとはだいぶん違って、まずこちらのタイプのほうが濃厚です。

甘さがかなり強いというか、一口目から舐めごたえのあるスイーツ感を出していますね。

しかし後味は意外とあっさり。 

こちらもお湯に溶かしてみたので、ご覧ください。

 

 

 

MGOと同じく、ほんのりキャラメル色のホットマヌカウォーターになりました。

味も軽い爽快感のある美味しさで、口や喉の炎症にはよさげな風味を醸し出しております。

実際にスーッとするので、こちらも風邪予防やのど荒れ、口内炎に効果が期待できそうですね^^

>>マヌカハニー「スタンダード250g」はこちら

 

マヌカハニーの選び方と食べ方

 

マヌカハニーの実力について大まかなことが分かったところで、その選定方法について触れることにしましょう。

 

マヌカハニーの選び方

 

先ほどのサイトでは、

すべてのマヌカハニーに健康促進効果があるとはいえず、そのうちに含まれるメチルグリオキサールの量によって決まってきます。

とあり、マヌカハニーでも種類によって効能が変わってくるようです。

そこでその選び方の目安として、

UMF10+、MGO100+以上

という値を推奨していました。

UMFやMGOというのは、マヌカハニーの殺菌作用を測定したブランドマークで、ここに示されている数値が高ければ高いほど、マヌカハニーの殺菌効果が期待できるようです。

ほかにも同様のブランドがあり、それぞれに特徴に持っているようです。

 

UMF

マヌカハニーに含まれる食品メチルグリオキサールにどれだけの殺菌作用があるかを示す規格

MGO

食品メチルグリオキサール自体の含有量を表す規格

MGS

UMFに近い検査方法で数値化を行う規格

TA

過酸化水素と食品メチルグリオキサールを合わせた殺菌作用を表す規格

NPA

UMFと全く同じ検査を行う規格

 

*過酸化水素=通常のはちみつに含まれる殺菌成分

 

特に日本の市場でよく出回っているのはUMFMGOで、その中でも先ほど述べた「UMF10+、MGO100+以上」の数値のものを推奨しています。

値が高ければ高いほど、強い殺菌力を保持するので、それだけ値段も上がるようですね。

なので、マヌカハニーを初めて食べる人は、まずは「UMF10+、MGO100+」から始めるのが良いでしょう。

 

マヌカハニーの食べ方

 

ずばり、

 

そのまま食べる

 

ですね。

殺菌作用を期待するなら、そのままスプーンですくって口の中で広げるようにして味わい、飲み込んだ後も、すぐに水などで流してしまわないことが良いとされています。

そのまま食べるのが苦手な人は、トーストに塗ったり、ヨーグルトに混ぜる、または飲み物に入れて摂取すると良いよう。

食べるタイミングは一日2~3回食事の一時間前や就寝前 がベターだそうです。

ほかにも、その強い殺菌作用を生かして、切り傷や火傷、擦り傷にマヌカハニーを塗って、その上からガーゼやバンドエイドなどでガードして傷をケアする方法もあるとか。

これは完全にマオリ族の伝統的なマヌカハニーの使い方といえるでしょうね。 

  

まとめ

 

噂にたがわず、美味しくて速攻効果のあるハチミツを堪能することができました。

舐めてから、しばらくすると、胃腸の中がスーッとして、それまで多少感じていた「膨満感」や「未消化感」がこれまたスーッと溶けていったといいますか。

整腸作用という一点では、自分には非常に相性が良いことが、今回のレビューで明らかになった感じですね。

量の方もどちらも250gあって、毎日少しずつ食べていけば、一月または二月は持つ感じなので、コスパ的にも良いと思います。

ブランドとしては、現在は両方とも使ってますが、どちらかというとハニーマザーさんのほうが好みなので、MGOさんのほうは家族に食べてもらってます。

他にもいろいろなブランドがあるようなので、また機会を見つけて試してみようかと思いますね。 

ということで、マヌカハニーのレビューを堪能することができました。

味のほうも濃厚かつ爽やかな美味だったので、蜂蜜が好きな方は、ぜひ一度食べてみられることをおススメします^^