栄養ドリンク

【リポビタンD 体験談】濃い甘酸っぱさで疲れが吹き飛んだ!

投稿日:2018年5月21日 更新日:

栄養ドリンクの王様リポビタンDです。

1962年に発売されて以来、多くの栄養不足のビジネスマンに愛されてきた伝統の一品。

近年はエナジードリンクの勃興で、一時期ほどの人気はなくなっていますが、それでもコンビニの健康ドリンクコーナーでは新興勢力に負けじと、その存在感をギラギラと発散しております。

ということで!

実際の味わいをレビューしていこうではありませんか!

リポビタンD実飲レビュー!

f:id:chocomale:20180521014308j:image

伝統のリポビタD・ミニボトルです。

配合成分はこちら。

f:id:chocomale:20180521014303j:image

ポイントもついています。

f:id:chocomale:20180521014258j:image

まずは一献!

f:id:chocomale:20180521022109j:image

香りは強めです。

オロナミンCのさらに強力バージョンという感じでしょうか。

f:id:chocomale:20180521014253j:image

口当たりは「酸っぱめ」の甘味が先立ちます。

かといって甘さはべとつかず、あっさりしているのが特徴ですかね。

こうした栄養ドリンクにありがちな「ほろ苦さ」を感じず、かなり飲みやすいです。

f:id:chocomale:20180521014339j:image

スポンサーリンク

まとめ

甘酸っぱさが強めで、疲労回復にも強いという感じの栄養補給ドリンク。

そんなリポビタンDの主要配合成分は、タウリン、イノシトール、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6となっています。

それぞれの働きは、

【タウリン】

⇒脂肪を燃焼させ、全身の各機能を高める

【イノシトール】

⇒脂質の代謝をよくして脂肪肝を防ぐ

【ビタミンB1】

⇒糖質をエネルギーに変えて、疲れにくくする

【ビタミンB2】

⇒栄養分の分配をサポートし、エネルギーに変換する

【ビタミンB6】

⇒たんぱく質を分解・合成して脂質の代謝をスムーズにする

となっており「栄養素を効率的にエネルギーに変える」働きが期待できるようですね。

ほかにもビタミンB6には神経伝達物質の生成を助け、精神状態を安定させる効果もあるとか。

自分的には、疲れてるときに飲むと、心身がしゃっきりする感覚はあります。

特に長時間体を動かしたり、頭を使う人は、常備携帯していると便利かなと。

少し強めの風味なので、胃腸が弱ってるときは、控えたほうが良いかもしれませんね。

以上、リポビタンDの実飲レビューでした!

疲労回復におすすめ「栄養ドリンク」12選【コンビニ・ドラッグストア】

栄養補給、疲労回復におすすめの栄養ドリンク&エナジードリンク。 体力が落ちていると感じた時や、疲れている時、風邪気味かなと感じた時にググっと飲むと「くう~っ」ときますよね。 今回はそんなドリンクを、こ ...

続きを見る

参考文献:

栄養成分の事典(則岡孝子 監修:新星出版社)

-栄養ドリンク

Copyright© 体のケアと健康を考えるブログ , 2019 All Rights Reserved.