【DHC アンセリン】回遊魚の成分が詰まった尿酸値サプリメントレビュー

投稿日:2018年8月15日 更新日:

スポンサーリンク


DHCのアンセリンです。

アンセリンといえば、このブログでもお馴染みの栄養分ですが、とくに中高年世代で痛風や体の疲労感に悩んでいる方には耳馴染の多い名前かと思います。

簡単に説明しますと、

・動物の筋肉に含まれているイミダゾールペプチドの一種

・回遊魚や鳥類は、イミダゾールジペプチドの中でもアンセリンの含有率が高い

・疲労の原因となる乳酸の分解を促し、血清中の有機酸濃度を低下させることで、尿酸の排泄を促進したり、疲労回復や蓄積を防ぐ働きがあるともされている

という働きが期待できる成分。

今回はそのDHCサプリ版です。

では早速、その実食レビューをご覧いただきましょう!

「DHC アンセリン」外観レビュー

まずは外観をば。

f:id:chocomale:20180814213510j:image

結構、大きいです。

ネットで購入したのですが、梱包されてきた袋の大きさで驚きましたが、実際の商品をみて「なるほど」と。

手のひらほどの幅があります。

とはいえ、一日3粒入りで、90粒入りですから、およそ一月分(30日分)の量はきちんと入ってます。

期待のアンセリン配合量ですが、フィッシュドペプチドが600㎎配合で、その中に含まれているアンセリンそのものは、60㎎のようです(アンセリン10%と表記があるため)

通常のアンセリンサプリの配合量が50㎎であることが多いことを考えれば、お得な量といえるのではないでしょうか。

あとは食べやすさや味わい、効果といったところですね。

では次のターンで中身&実食レビューを見てみましょう。

スポンサーリンク


「DHC アンセリン」実食レビュー

サプリを皿に移し替えてみました。

f:id:chocomale:20180814213715j:image

カプセルタイプです。

個人的には錠剤タイプが好みなのですが、割れたりなどの型崩れが起きにくいという意味では、カプセルのほうが便利かもしれませんね(製造時のコストを抑えられるという利点も考えられる)

カプセルの表面にブランドロゴマークがつけられているのが面白いです。

大手メーカーならではの余裕でしょうか?(自前の製造工場かラインを保有していると思われ)

中身を検証です。

f:id:chocomale:20180814213655j:image

最後の一枚だけを見ると、ヤバい写真のように思えますが(笑)

香りは魚の粉末という感じで、うっすらと磯の匂いがします。

今まで飲んできたアンセリンサプリもそうでしたが、これが魚由来のアンセリンの特徴でしょう。

粉を舐めてみると、香りと同じで少し濃いめの魚の風味。

ご飯に混ぜると美味しそうです。

とはいえ、実際にはカプセルで飲むのですから、水と一緒に飲んでみましたが、もちろん特に味はしませんでした。

飲みやすさはごくごく普通のサプリメントですかね。

あとは効果になりますが、昨日自宅に届いてレビューしたばかりなので、まだなんともいえません。

しかも私自身の尿酸値は通常値に戻ってしまっているので、誰か別の友人か知人に試してもらう事になりそうですね^^;

まとめ

いつかはレビューしてみたいと思っていた、DHCアンセリン。

ついにその時はきた!という感じでレビューさせてもらいましたが、如何だったでしょうか?

ネット通販でも人気の商品のようで、多くの尿酸値に悩む方が購入されているようです。

あとはカプセルが良いか、錠剤タイプが良いかの好みに分かれますね。

アンセリンそのものの健康効果の良さは個人的には感じていますので、もしこの記事で初めてアンセリンを知った方がおられれば、尿酸値ケア、健康維持の一つとしておすすめです^^

created by Rinker
DHC(ディー・エイチ・シー)
尿酸値リスクを下げる「サプリメント・食べ物・飲み物」11選

痛風の原因の一つだと言われている「尿酸値」を下げる成分が入った「サプリメント・飲みもの・食べもの」をまとめてみました。 これまで実際に購入したものを体験レビューつきで紹介させてもらいます。 あくまで個 ...

続きを見る

スポンサーリンク&関連記事

-サプリメント, 腎臓・尿酸値ケア

Copyright© 体のケアと身だしなみレビューブログ , 2019 All Rights Reserved.