クッキング 缶詰

【さば水煮缶 体験談】ダイエットと血管に良い成分が詰まった青魚を紹介

投稿日:2018年10月14日 更新日:

さばの水煮缶の実食レビューです。

水煮缶はその保存性の良さと糖質の少なさが注目されて、近年では人気の食材となっています。

特に「さば」は血管の健康やコレステロール対策に良い働きをする成分を含んでいるので、体に気を遣う中高年世代にもおすすめしたい食べ物でしょう。

今回は水煮缶の良さと、「さば」の水煮缶の購入&実食レビューを紹介していきたいと思います。

水煮缶の良さとは?

近年、注目されている水煮缶。

その秘密は、どんなものになるでしょうか?

今回はこのことを調べるために一冊の本を購入しました。

こちらの書籍によれば「水煮缶の良さは、旬の新鮮な食材を調達し、缶に詰めて密封した後、加圧・加熱殺菌しているところにある」といいます。

ほかにも、栄養満点で、缶に入れてから加熱殺菌するため、保存料は不要で、完全に密封するため酸化することもなく、缶を開けるまで品質が劣化することがないということ。

防災にも役立ちますし、日々の健康にも良いというところがポイントでしょうね。

健康やダイエットに焦点を当てたポイントをまとめてみると、

①ダイエットと健康をサポートする栄養成分がぎっしり詰まっている

②糖質オフメニューを作りやすい

③食べる量の目安となるカロリーが表示されている

④価格が安定していてお金がかからない

⑤缶を開けたらすぐに食べられる

⑥常温で長期保存できるからまとめ買いしておけば、買い物する時間が節約できる

⑦ダイエットにも健康にも良い魚を食べても生ゴミが出ない

となります。

そんな多くの利点のある水煮缶の中でも、特に勧められているのが「さば」「さけ」「トマト」「大豆」の4つ。

それぞれの利点を挙げてみると、

さば、さけ

⇒旬の時期に収穫した食材を缶に詰めているので、味が良く栄養がぎっしり詰まっている

⇒寒い時期に水揚げしたさばやさけには、青魚に特有の注目成分であるDHAとEPAが豊富である

トマト

⇒缶詰用のトマトは完熟したものを収穫しているので、全身の細胞を若返らせるリコピンが豊富

⇒生食用のトマトは熟しきらないうちに収穫されることがあるため、リコピン狙いでトマトを食べるなら缶詰がおすすめ

大豆

⇒柔らかく煮ているのがポイント

⇒水煮缶の大豆には、消化酵素を阻害する成分が加熱されることで消失するので、大豆に含まれるさまざまな有効成分を吸収できる

とのよう。

缶詰の魚の長期保存性の良さは知っていましたが、旬の時期に収穫されたものを使ってるというのは初めて知りましたね。

どちらかといえば、市場に回らない不必要な部分を使っているというイメージがありましたから(汗)

ということで、水煮缶についての利点について述べたところで、いよいよその実食レビューをご覧頂こうと思います。

スポンサーリンク

「さばの水煮缶」実食レビュー!

今回購入したのは、こちらの水煮缶。

f:id:chocomale:20181013232216j:image

伊藤食品の「美味しい鯖:水煮缶」です。

改めて鯖の栄養について簡単に触れてみると、

EPA

⇒血液をサラサラにして、動脈硬化や心筋梗塞を防ぐ

DHA

⇒脳細胞と網膜に有効に働く

⇒コレステロールや中性脂肪を減らす

カルシウム

⇒骨や歯を丈夫にする

ビタミンD

⇒カルシウムの吸収を助ける

となります。

鯖だけでなく、青魚全般に同様の成分が含まれているので、サンマやイワシもおすすめです。

その中でも特に強力なサバを、今回は食べていこうではありませんか!

まずは開封!

f:id:chocomale:20181013232212j:image

こんな感じです

f:id:chocomale:20181013232208j:image

このままで食べても美味しそうなのですが、味付けと健康効果をアップさせるために「オリーブオイル」をかけてみましょう。

f:id:chocomale:20181013232751j:image

濃厚でピリッとした味わいと、柑橘系の香りを持つオリーブオイルは、豊富なオレイン酸の働きで、悪玉コレステロールを抑制するといわれています。

味わい的にも魚に合うのではないかと思い、投入!

f:id:chocomale:20181013232747j:image

f:id:chocomale:20181013232744j:image

美味しそうです^^

香りも「さば」独特の脂っぽさを打ち消すように、果実フレーバーで覆ってくれる感じ。

f:id:chocomale:20181013232741j:image

食べてみると、塩で味付けした鯖の味わいと、水煮で仕上げた「あっさり」感が美味しく、そこにオリーブオイル「ルイーザ」の濃厚ピリ辛感がほどよく混ざり合ってます。

後味も悪くなく、淡白になりがちな水煮さばの風味が、オリーブオイルによってバランスを保たれている感じですね。

食後は多少、口の中が「さば」臭くなりますが(笑)、そこはご飯やお茶で洗い流しましょう^^

まとめ

体に良いと噂の「水煮缶」を初めて実食レビューしましたが、如何だったでしょうか?

そのまま食べても良し、他の食材と併せて調理しても良しの応用性にも優れた食材「さば」ですが、実際に今回参考にした書籍では、様々な水煮缶の調理法が掲載されていました。

ちょっと凝った料理が多かったので、実演を頼むのも(家人に)自分でするのも面倒なので、シンプルにオリーブオイルのみで勝負してみましたが、これが意外に美味しかったので、さすがは万能の食材「青魚」だと感心しましたね。

今回使用したオリーブオイルも、柑橘の爽やかな香りと、味わいの濃厚さとピリッと感が非常に美味しいので、サラダや魚料理、肉料理のご相伴にばっちり。

青魚と併せて食べると、健康的にもかなり良いのでおすすめです。

レビューにも書いたように、青魚には血管の健康を保ち、ダイエットにも良い栄養分が含まれているので、心臓病や動脈硬化、メタボの抑制にも良いといわれています。

水煮缶で食べると、低カロリーで調理の必要もなく、保存も効くので防災にも良いという良いことづくしですので、なるほどこれなら注目されるわけだと納得しました。

鯖缶、おすすめです。

血管の健康と若さを保つ「缶詰」おすすめ10選

水煮缶のおススメランキングです。 水煮缶は旬の時期に収穫した素材をそのまま缶に詰めたもので、栄養豊富で美味しい仕上がりになっています。 新鮮な素材をすぐに密閉して缶にするため、空気にふれることなく、食 ...

続きを見る

【NHKガッテン】心臓を強くするトレーニング・食べ物&飲み物を紹介

今日のガッテンは「心臓を強くしよう!」特集です。 STOP突然死!強い心臓をめざせSP - NHK ガッテン! 心臓の疾患といえば「心筋梗塞」「狭心症」が代表的なもの。 どちらも血管に問題が生じて、心 ...

続きを見る

-クッキング, 缶詰

Copyright© 体のケアと健康を考えるブログ , 2019 All Rights Reserved.