健康、ボディケア、コスメの情報&体験レビュー

体のケアと健康について考えるブログ

まとめ・ランキング 食品まとめ 飲料まとめ

健康長寿に良いお茶&魚の缶詰を紹介レビュー!身近な食材で血液をサラサラに!

更新日:

「林修の今でしょ?講座」番組レビューです。

今回は「お茶&缶詰の健康長寿の秘訣と、その食べ方を紹介SP」。

www.tv-asahi.co.jp

お茶も缶詰も当ブログで色々と紹介してきたものなので、いったいどんなものが紹介されて、健康に良いのだと、番組開始早々から興味津々に見ていました。

今回のコンセプトは「健康長寿な人が飲んだり食べたりしているものを、医学的見地で説明し、さらに食べ方まで紹介する」というもの。

健康は誰しも興味がありますが、それを長年実行してきている人生の大先輩の意見はリアリティに満ちています。

さらに名医の裏付けも聞けるのだから、これはかなり面白くなりそうですね。

では早速、番組の流れに沿ってレビューしていきましょう!

 

 

健康に良い「お茶」をそれぞれ紹介

 

まずは健康長寿に良い「お茶」の紹介です。

 

血管の健康に良い「緑茶」

 

まずは「緑茶」。

血管の健康に良いお茶ナンバーワンです。

そのポイントは「エピカロカテキンガレート」。

その働きは、

 

・血管の悪玉コレステロールを減らす作用

・血管の詰まりに良い作用

・心筋梗塞、脳梗塞を予防

 

となっているほか、小腸から吸収されるコレステロールを減らし、コレステロールを(便などで)体外に排出するのを促す働きもあるといいます。

エピカロカテキンガレートについては、過去記事でレビューしたことがありますので、耳にしたのはこれで二度目ですね。

www.karadanocare.com

つまり血中コレステロールの抑制によく働く成分ということ。

この成分を多くとるための飲み方も紹介していました。

では以下に【飲み方】【食べ方】【注意】を載せておきます。

 

【正しい緑茶の飲み方】

エピガロカテキンガレートが一番出やすい温度は70~80℃

①お湯を湯呑に注いで冷ます

②湯呑から急須に戻して少し冷ます

③一日5杯以上飲むと、脳梗塞のリスクが低下する

④食後3時間ぐらいに緑茶を飲むと、脂肪の吸収を最も防ぎやすい

 

【お茶っ葉の残りを使う料理】

使い終わったお茶にはカテキンが60%残っているので、そのまま食べると良い

①茶殻チャーハン

②茶殻スムージー

など

 

【注意:緑茶との食べ合わせ】

緑茶は鉄分が多い食べ物(レバーなど)と一緒に摂らないほうがいい

 

温度によってカテキンの摂取量が変わるのは初耳でした。

これからは少し冷まして飲む必要がありそうですね。

あと茶殻チャーハンは結構おいしそうだったので、ぜひ試してみたいです。

今度、チャーハンを作るときに粉末緑茶をふりかけて食べてみよう!

 

睡眠に良い「麦茶」

 

次に「麦茶」です。

麦茶には香り成分があって、脳をリラックスさせ、質の良い睡眠をとれる働きがあります。

飲む場合は、暖かい麦茶のほうが香りがたつため、おすすめだとか。

香りの効果によって脳がリラックスし、心地よい眠りを提供してくれます。

麦茶にはカフェインが含まれていないのもポイント。

寝る前に温かい麦茶を1杯飲むことで、質の良い睡眠がとれそうですね

不眠は「うつ」を発症させやすいので、麦茶で不眠予防をしましょう。

 

血糖値対策に良い「玄米茶」

 

玄米がポイントとなるお茶です。

健康の秘訣は「ぬか」の成分。

配合されている玄米は精米されていないので、「ぬか」がそのまま付いています。

それが体に良いということ。

その「ぬか」の部分の栄養分はガンマオリザノールといい、高血糖を下げる働きがある成分です。

食事からとった糖は、膵臓から分泌されたインシュリンが糖を取り込んでバランスをとりますが、ガンマオリザノールはインシュリンの分泌を促進してくれる働きを持っています。

さらに玄米茶は緑茶とブレンドしたお茶なので、緑茶カテキンとのコラボレートで血糖値対策の相乗効果が上がるということ!

飲むタイミングは、糖質が上がりやすい食事の前に飲むのがベストだそうですよ^^

 

毛細血管に良い「ルイボスティー」

 

南アフリカ原産のお茶です。

こちらも過去記事で取り上げたことがありました。

www.karadanocare.com

このお茶が役立つ器官は毛細血管です。

毛細血管には栄養を体の隅々にまで行き渡らせる役割があります。

加齢や病気で毛細血管が弱ると、健康に影響を及ぼし、老化が進みやすくなります。

しかしルイボスティーに含まれる抗酸化成分SODなどが、毛細血管の壁を剥がれにくくする効果があるため、その予防ドリンクとして注目されています。

癖の少ないルイボスティーで毛細血管を復活させましょう。

 

腸に良い「どくだみ茶」

 

最後に「どくだみ茶」です。

昔から毒素を取り除いてくれるお茶として有名ですが、その実際は「腸に良いお茶」ということ。

その秘訣は「どくだみ茶」に含まれているクエルシトリンという成分が、腸のぜんどう運動を促進して、体内の毒素を排出してくれることにあります。

排泄物の75%が便からなので、腸の運動を促進する成分を含んだ「どくだみ茶」を飲んむことで便秘が解消し、きちんと毒素が出るということなのです。

女性には嬉しいお茶かもしれませんね。

 

健康長寿につながる魚の缶詰を紹介

 

次に体に良い魚の缶詰についてです。

生の魚に比べて栄養価が高い魚の缶詰。

それぞれに健康効果があるので、一つずつ紹介していきましょう。

 

脳と骨の健康・痩せる効果ありの「さば缶」

 

青魚の代表格です。

さばの缶詰は少し前に実食しましたね。

www.karadanocare.com

この食材の良いところは「骨ごと食べられるので、カルシウム補給に良い」とのこと。

「骨は何歳からでも強化されるので、骨ごと食べられる缶詰は年をとっても食べたほうが良い」と医師が番組でアドバイスされていました。

また缶詰には、骨や皮、そして血合いがそのまま入っているので、ビタミンDの補給ができるという利点もあり。

カルシウムはビタミンDによって吸収されやすくなるので、相乗効果があるのですね。

ほかにはDHAという「脳を活性化して働きを正常に保つ」成分EPAという「内臓脂肪を減らす」成分も含んでいます。

DHA&EPAで「やせるホルモン」の分泌を促進する働きもあり、こちらもダイエットにもってこい。

GLP-1という「やせるホルモン」は、満腹感をキープし、血糖値の上昇を抑えて、中性脂肪がつきにくくなる作用を及ぼすので、さば缶のDHA&EPAで、その分泌が促進されるということになるのです。

DHA・EPAは魚由来のトクホドリンクで試しているので、こちらも良ければチェックあれ。

www.karadanocare.com

これらの豊富な栄養成分が、生の状態よりも缶詰のほうが多い理由も述べられていました。

それは、

 

生のまま密閉してから加熱しているために空気に触れず、劣化しないことにある(つまり酸化による劣化を防いでいるということ)

 

だとか。

DHA・EPAは酸素に触れると劣化しやすくなりますが、その点、缶詰は栄養が劣化しにくいということなのですね。

では「さば缶」の紹介で最後にこちらを。

 

①さば缶をお皿の上に載せる

②蓋を開けてマヨネーズをかける

③その上に玉ねぎをみじん切りにしたものを入れる

④醤油をかけて完成

 

さば缶のEPAは玉ねぎの食物繊維、ケルセチンと合さると脂肪燃焼効果がアップするので、ダイエットにも良いとのころ。

美味しそうなので、これは一度試してみる価値はありそうですね。

試してみました!↓↓

www.karadanocare.com

 

血圧に良い「いわし缶」

 

青魚の一つ「いわし」です。

いわしには血管を老けさせない効果があるEPAを豊富に含んでいます。

その量は、生のいわしや、さば缶よりも多いということ。

EPAは血液の流れを良くし、細胞を柔軟にして血管をしなやかにする作用があるので、血栓や心臓周りの病気、動脈硬化などを防ぐ作用があります。

またイワシに含まれる「イワシペプチド」には血圧を上げない効果もあり、血管の健康に特化した働きを期待したいところ。

最後にイワシ缶との最強の取り合わせは「梅干し」。

梅干しのクエン酸には血液の流れを良くする働きがあるので、イワシ缶と一緒に食べると良いそうです。

www.karadanocare.com

 

強力な抗酸化成分をもつ「さけ缶」

 

北海の暴れ魚「さけ」です。

さけには強力な「抗酸化作用」があり、その元となる成分の配合量は他の魚を軽く凌駕するといいます。

酸化とは物質が酸素を結びつくことで錆びついて劣化しやすくなることで、体の酸化とは、細胞や血液などが酸素を結びついて劣化することを指します。

そうなると免疫力も低下し、風邪や病気にかかりやすくなるということ。

しかし「さけ」の赤い肉の部分には「アスタキサンチン」という強力な抗酸化物質が含まれているのです。

これが先ほど述べた「強力な抗酸化力」です。

アスタキサンチンの抗酸化力は、

 

ビタミンCの約3000倍

ビタミンEの約1000倍

 

というから恐るべし。

さけも、抗酸化力に特化した魚ということになりましょうか。

食べ方としては、アスタキサンチンはオリーブオイルと一緒に食べると、吸収力が格段に上がるようなので、早速明日の夜にさけ缶を買ってきて、少し前に購入した「ルイーザ」をかけて食べてみることにしましょう。(実食しました↓↓)

www.karadanocare.com

ちなみにアスタキサンチンに関しては、目の保護作用に良い働きがあるということで、アイケアサプリメントのレビューでも何度かこのブログで登場しました。

www.karadanocare.com

さけにも同じ成分が含まれていたとは驚きですね!

 

まとめ

 

バラエティ豊かな内容だった今回の「林修の今でしょ?講座」。

これまでこのブログでも実食&実飲レビューを行ってきたお茶や缶詰が紹介されていていて何だか嬉しかっただけでなく、知らなかった健康効果や食べ方があると知って、かなり興味深い回になりました。

一番、良かったというか、美味しそうだなと思ったのは「さばの缶詰&玉ねぎwithマヨネーズ」。

通称「さばサラ」らしいですが、あれは本当に一度試してみようと思ってます。

あとは鮭缶のオリーブオイルがけも美味そうで、どれも簡単に作れて食べられるものばかりだったので、ぜひともこのブログ上で実食レビューを書いてやろうと狙ってますよ。

あとは「どくだみ茶」もトライしてみたいですかね。

身近な食材でここまで健康になれるのかと思うと、まだまだ日本は捨てたものじゃないと思います。(なんだそれは!)

ということで、久しぶりに書いているうちに内容を思い出して、お腹が空いてきた番組レビューとなりました。

明日は仕事帰りに缶詰を買って帰ることにします^^

皆さんもぜひどうぞ^^

-まとめ・ランキング, 食品まとめ, 飲料まとめ

Copyright© 体のケアと健康について考えるブログ , 2019 All Rights Reserved.