健康、ボディケア、美容アイテムの情報&実体験レビュー

体のケアと健康について考えるブログ

NHKガッテン メディア情報 健康ジャンル 栄養補給・免疫ケア

【NHKガッテン】免疫力を上げるランキング発表!(免疫の歌もあり)

投稿日:2018年11月1日 更新日:

スポンサーリンク


今週のガッテンは放送1000回を記念した「免疫力SP」です。

www9.nhk.or.jp

怪我や風邪、インフルエンザやガンなどを防いでくれるのも「免疫力」のおかげです。

今回はそんな免疫力アップのための様々な取り組みを紹介していました。

では番組の流れに沿ってレビューしていきましょう!

 

アメリカでの免疫力調査

 

番組スタッフがアメリカに飛んで、免疫力の研究を調査していました。

訪れたバージニア大学では貯蔵していたウィルスをボランティアの被験者に注入し、その様子をみるというもの。

のべ2000人以上の人が被験者になったのですが、多くの人は体調を崩したり、風邪の症状を呈します。

しかし中にはどれほど大量のウイルスを鼻に注入しても、風邪の症状がでない

「すごい人」がいるとのこと。

その方は60歳の超健康お母さんであるキャサリンさんという方。

一年前に息子さんと共に鼻に大量のウィルスを注入する実験に参加したそう。

息子さんはたちまち体調を崩しましたが、キャサリンさんは全く症状が出ず、ぴんぴんしていたのだとか。

聞くとこれまでの人生でキャサリンさんは一度も風邪を引いたことがないということでした。

いったいどれだけの免疫力がその体に備わっているのでしょうか?

 

免疫力の源とは?

 

ではその免疫力の主役とは何か?

それは「リンパ球」です。

 

 

白血球の一種で、ウィルスやがん細胞などから体を守る免疫細胞となります。

映像では、がん細胞をリンパ球が取り込んでいく頼もしい姿が映し出されていました。

その働きはどんなものかというと、

 

かぜウィルスが人体に侵入

細胞に入り込んで増殖する

体内のリンパ球がパトロールをして侵入者を発見し、猛攻撃を開始

取りついた細胞ごと退治してしまう

 

しかし免疫力が低下していると、

 

かぜウィルスが体内に侵入

リンパ球の数が少ないために見落としてしまう

パトロールが間に合わないので、感染細胞やガン細胞が増殖して症状が悪化

 

となるわけですね。

そこで番組ではガッテンボーイのリンパ球の数を測ってもらうことになりました。

風邪を引きやすいという人と、あまり引かないという人との違いを数値で測った結果?

風邪を引きにくいというガッテンボーイのリンパ球の数が、一番少ないという結果が出ました。

 

 

実はこれには秘密があって、「あること」をするとリンパ球の数が2倍以上増えたのです。

このために風邪が引きにくい免疫力の高さの秘密があったのでした。

その秘密とはどのようなものになるのでしょうか?

 

リンパ球を増やす方法とは?

 

ここで番組の流れは急転します。

なぜならここでいきなりロックバンドが登場するから!

その名は・・・Nagatively Selected!

 

 

一見ただのおじさんロックバンドに見える「Nagatively Selected」は、実は錚々たる経歴の持ち主が集まって作られた集団だったのです!

 

北村俊雄さん(ドラマー)

⇒「東京大学医科大学研究所・先端医療研究センター」センター長

 

後飯塚僚さん(ダンス)

⇒「東京理科大学 生命医科学研究所 発生および老化研究部門」教授

 

大野司さん(ボーカル)

⇒「理化学研究所 生命医科学研究センター」チームリーダー

 

石戸聡さん(ベース)

⇒「兵庫医科大学 病原微生物学講座」教授

 

河本宏(ギター兼バンドリーダー)

⇒「京都大学 ウイルス・再生医科学研究所」教授

 

バンドリーダーの河本さんは、免疫学の魅力を多くの人に知ってもらいたいと精力的に活動しているそうで、このバンド活動もその一環だと思われます(詳しく説明はしていませんでしたが、趣味と実益を兼ねた感じでしょうか?)

そんなバンドの一押しの曲がこちら!

この中に免疫の素晴らしさが詰まりまくっているので要チェックですよ!

 

www.youtube.com

 

【リンパ節一人旅:歌詞】

 

流れ流れてやってきた

ここはそけい部、リンパ節

 

ストローマのぬくもりと

ケモカインに酔わされて

ついつい長居をしているぜ

 

(省略)

 

明日は出ていく最前線に

待っていてくれ

感染細胞

やさしいアポトーシスで

眠らせてやるよ

 

まるで歌番組のようになってしまいましたが、この後スタジオにバンドリーダーの河本教授が免疫の働きについて説明しておられました。

まずストローマというのは、リンパ球にとってベッドみたいな存在であるということ。

ケモカインというのは、香りのよいアロマのようなもので、リンパ節のなかに漂っている物質でその働きは、リンパ球をリンパ節に留める役割を持っているようです。

リンパ球は侵入してきたウイルスと戦ってほとんどが死んでしまうので、リンパ節に待機しているリンパ球が次々と出ていく必要があります。

そのきっかけになるのが「交感神経」

 

 

血圧や心拍数をコントロールする神経で、運動やストレスなどで活性化します。

この交感神経が活性化していると、リンパ節の出口がふさがれてしまい、その中に留まったリンパ球が血液中に出ていくことができません。

しかし交感神経が緩むと、出口が開いてリンパ球が血液中に放出されるという仕組みなのですね。

そう考えると、交感神経は免疫の邪魔をしているように思えますが、実はそうではなく、積極的にリンパ球を留めることで免疫を強めているというのが、最近の研究で分かったようなのです。

というのも、リンパ節というのはリンパ球の待機場所ではなく、感染症などが起こった際に、リンパ球が病原体について学ぶ場所であるというのです。

 

リンパ節⇒リンパ球が病原体について学習するところ

 

つまり交感神経を活性化したり、緩めたりするメリハリによって、リンパ球の出し入れをコントロールする作用があるということです。

 

交感神経がオン

⇒病原体について学ぶ状態

 

交感神経がオフ

⇒勉強したことをもとにパトロールする状態(敵と戦う)

 

しかし現代人は長時間のストレスや睡眠不足などで交感神経が活性化しすぎてしまい、リンパ球の出し入れに悪影響を与えているともいいます。

適度に交感神経を緩めることが大切ということなのですね。

 

交感神経を緩める方法とは?

 

一番大事なのは「十分な睡眠」ということ。

 

 

アメリカの研究では「7時間以上の睡眠」をとる人は「6時間未満の睡眠」をとる人よりも風邪を引きにくいというデータが出ています。

少し前のNHKスペシャルでも、7時間以上の睡眠が大切であることを説いていました。

www.karadanocare.com

冒頭に出てきたキャサリンさん(風邪を引きにくかった女性)は、日中にマッサージを受けたりしてリラックスしていたことがポイントだったようですね。

ガッテンボーイの一人が風邪を引きにくいというのも「よく食べて、よく寝る」を実践したことによる「リラックス効果による交感神経のオフ」というのが、元気の秘密の中身ということになるのでしょう。 

 

免疫力アップランキング

 

ではここからランキング発表です。

番組では、これまで放送してきた健康法の中から、免疫力に良いトップ20を取り上げていましたが、ここですべてをピックアップするには少々長すぎるので、トップ3に絞って紹介したいと思います。

 

3位「足湯」

血管を広げて熱を逃がそうと交感神経が緩むと考えられます。ただし熱すぎると、かえって交感神経が緊張してしまう可能性もあるので、ほどよい湯加減が大切といえます。

 

2位「ウォーキング」

軽度の運動はリラックス効果があり、天気や景色の良い場所で行うとよりリラックス効果が見込めるようです。(鼻歌を歌える程度の軽いウォーキングがベスト⇒激しいと交感神経を刺激してしまうため)

 

1位「昼寝」

横になること自体が交感神経を緩めるのだそう。(眠らなくても大丈夫)おすすめは午後1時~3時に30分以内が良いそうです。(夜の睡眠に影響がない程度)

 

おまけ

好きなことをするのが一番(実験で交感神経が緩んだ効果あり)

 

全体的には「体を温めて好きなことをしながら寝る」というのが至福の交感神経解放コースになりますかね笑

 

まとめ

 

理論的には難しい響きもありましたが、実はリラックスすること・睡眠をとることが一番の免疫療法で、それも昼寝をとることが最も効果が高いという当たり前のような結果が出ました。

思えば、南欧の国々では「シェスタ」(昼寝タイム)の時間が伝統的にあるので、これも交感神経を緩めて免疫力を高め、風邪や病気になりにくい体を作る働きが習慣の中に含まれていたということですね。

横になるだけで交感神経が緩むというのですから、職場でも休憩室があれば簡単に免疫力を高めることが可能というところ。

これはぜひとも取り入れたいと思います。

番組内で紹介された先生方のバンドはCDも出しているようですので(Amazonではデジタルミュージック)、ペーソスの「霧雨の北沢街道」とともに健康バイブルの音楽としてヘビーローテーションで毎日聞きたいもの。

このように放送1000回記念にふさわしい豪華な陣容だった今回のガッテン。

これからも、ためになる面白い放送を長く続けていってほしいと思います^^

www.karadanocare.com

-NHKガッテン, メディア情報, 健康ジャンル, 栄養補給・免疫ケア

Copyright© 体のケアと健康について考えるブログ , 2019 All Rights Reserved.