メディア 健康・マインド

【NHKガッテン】脳梗塞・コレステロール対策にEPAが詰まった青魚を食べよう!

投稿日:2018年11月28日 更新日:

今週のガッテンは「コレステロール対策SP」です。

コレステロールの救世主!血管を掃除する秘策SP - NHK ガッテン!

これまで様々な健康系番組で取り上げられてきたコレステロール。

このブログでも、様々な情報や食材を実際に試してみて、その効果の高さを自分の体で味わってきました。(記事の最後に過去レビューを掲載しておきます)

コレステロールが高いと血管が詰まりやすくなり、それによって脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まります。

それを防ぐにはどうすれば良いのか?

今回はそんなコレステロールの新常識を紹介していました。

それでは番組の流れに沿ってレビューしていきましょう。

善玉コレステロールの質が大切だった!

番組の冒頭では小野アナウンサーの健康診断の結果が出されていました。

コレステロールの値が上昇してしまっているようで、これまでなかった状態なのだそう。

どうも最近トンカツにハマっていたという告白もありましたので(笑)それも関係しているのかもしれませんね。

そんな数値の中で気になるのがLDL。

いわゆる悪玉コレステロールです。

f:id:chocomale:20181128221046j:image

善玉コレステロールはHDLとなり、それぞれに特徴があります。

【LDL(悪玉)】

・細胞膜の材料になるコレステロールを配達する役割を持つ

・食生活の乱れなどで、血管内に悪玉が増えすぎると、コレステロールを不法投棄してしまう

・不法投棄したコレステロールがプラークと呼ばれる「こぶ」ができてしまう

・プラークによって血管が狭くなり、これが破れると脳梗塞や心筋梗塞を引き起こす

【HDL(善玉)】

・プラークからコレステロールを回収する(吸う)役割をもつ

こうしたことから善玉コレステロールが多い方が良いとされています。(HDLが高いほう)

しかしコレステロールの数値そのものは、それほど重要ではないということ。

それはなぜかというと「コレステロールを吸わない善玉がある」」ということが関係しています。

大阪の国立循環器センターでは、それについて研究がされており、HDLの数値が高いこと(善玉の量が多い)が脳梗塞のリスクにはあまり関係がなく、HDL(善玉)の吸う力が高いかどうかが影響しているということでした。

スポンサーリンク

善玉コレステロールの力を高める食材は「青魚」!

番組では50人の被験者の方に集まってもらい、血液を採取して善玉の吸う力を調べていました。

それによれば19人の方が「悪い」と診断が出てしまったということ。

その中で一番「良かった」という人と、一番「悪かった」という人の食生活をチェックしたところ、どちらも体重(BMI値)や飲酒、喫煙の状態など、まったく同じでした。

違ったのは、魚を食べている頻度。

f:id:chocomale:20181128220718j:image

良かった人は「週に2~3回」食べ続けており、悪かった人は「月に1回」しか食べないということでした。

つまり魚に含まれる成分が、善玉の質(コレステロールを吸う力)を高めるということになるのです。

その成分は・・・・EPA

これまでも、このブログでさんざん取り上げてきた成分ですね^^

前回のガッテンで取り上げられた「えごま油」「アマニ油」に含まれる「オメガ3」と呼ばれる脂肪酸を含んだ油を摂ることでも、心筋梗塞のリスクを減少させるだけでなく、中性脂肪を減らすことができるという驚きの報告がされていました。

えごま油で心筋梗塞のリスクが減る?!小さじ一杯で毎日の健康を目指そう!

【えごま油・アマニ油】小袋で手軽に摂れる!オメガ3脂肪酸が入った「ボタニカルオイルミックス」実食レビュー!

もちろん今回の青魚に含まれるEPAにもオメガ3の仲間に入るので、血管の健康に良いということになります。

魚の中でも青魚は特にEPAが多く含まれ、2週間毎日青魚を食べた人は、ほとんどの方が「善玉の吸う力」が向上したという結果が出ました。

このように善玉コレステロールの「吸う力」をアップさせる青魚ですが、彼らに豊富なEPAが詰まっているのには理由があります。

それは何かというと、

【青魚が血管の健康に良い理由】

オホーツク海など寒い海を回遊する

冷たい海の流れには、植物プランクトンが豊富に漂っている

植物プランクトンを青魚が食べることで、植物プランクトン由来の油をゲットできる

・植物性プランクトンは、寒い水の中で生き残るために必要な「しなやかな体」を保つため、体の中に「ある油」作り出す

その油がEPA

EPAを含んだ植物性プランクトンを餌にすることで、青魚はEPAを体内に摂取することになった

EPAには血管を柔らかく保ち、動脈硬化を防ぐ作用があるため、それを作り出す植物性プランクトンを食べた青魚を食べることで、血管の健康をキープすることができる

ということになります。

つまりは「植物性プランクトン⇒青魚⇒人間」というEPA食物連鎖の流れがあるということですね。

青魚(EPA)を手軽に摂るには?

毎日魚を食べるのはなかなか難しい・・・

そこで出てきたのが「缶詰」です。

特に「さば缶」がお勧めで、ほかにも「いわし」や「さんま」なども良いようですね。

私も今まで複数の魚の缶詰を健康のために食べるレビューをこのブログで書いてきましたが、ついにその労苦が認められるときがきたということです!(笑)

血管の健康と若さを保つ「缶詰」おすすめ10選

そんな自画自賛は横に置いておくとして^^;、番組で推奨されていた「青魚の缶詰」の適切な食べ方としては「一日あたり4分の1」程度がベストだそう。

EPAは「加熱によって酸化しやすい」という欠点があるため、新鮮な素材をそのまま詰めた「缶詰」は、酸化しないという点でもお勧めだそうです。

さらにゲストの専門家の先生は「缶詰でも酸化はしにくいが、生魚のほうがより良いので、カルパッチョがおすすめです」とのこと。

f:id:chocomale:20181128221128j:image

カルパッチョは、酸化しにくい「オリーブオイル」で刺身をコーティングしているので、EPAの酸化を防ぐことができるそうです。

オリーブオイルも「サバ缶」の実食レビューで試しましたので、これもやはり食べて良かった食材ということになりますね^^

まとめ

番組の最後にはコレステロールの総まとめをしていました。

LDL(悪玉)の数値が高いと、プラークを血管の中に作ってしまい、それによって脳梗塞や心筋梗塞のリスクが高まってしまうため、LDLの数値が高い人は要注意ということ。

そしてHDL(善玉)は数値が高いだけでは不十分で、コレステロールを吸う力を高めることが重要なので、それを可能にする青魚に含まれる油「EPA」をしっかり摂ることが大切だということです。

さらに食事の内容を魚料理を中心に置き換えることで、肉料理に比べて「悪玉コレステロール」をへらす効果もあるというので、まさに一石二鳥!

さらにさらに!

魚以外にも善玉の吸う力をアップさせる方法があるということ!

それが「ナッツ」と「緑茶」の摂取、そして「ウォーキング」です。

ナッツは毎日「25g」、緑茶は毎日「コップ一杯」摂ると良いようです。

ウォーキングは一日30分がベスト。

これを2週間続けたところ、青魚を食べた場合と同じく、被験者の方の「善玉の吸う力」が上がったそうです。

善玉の「吸う力」が落ちるのは、飲酒や喫煙、高血圧、肥満、糖尿病など「血管の酸化や炎症」が原因だというので、ナッツや緑茶、ウォーキングにも予防効果があるということだそうですね。

これらも今までのレビュー記事で数多く扱ってきていますので、よければ以下の関連記事をご覧頂ければと思います。

7種類のナッツの実食レビューや、焼きピーナッツの実食、缶詰、8種類の緑茶・健康茶、オリーブオイル、ウォーキングシューズなどを試していますので、良ければ参考にしてくださいね!

血管の健康と若さを保つ「缶詰」おすすめ10選

水煮缶のおススメランキングです。 水煮缶は旬の時期に収穫した素材をそのまま缶に詰めたもので、栄養豊富で美味しい仕上がりになっています。 新鮮な素材をすぐに密閉して缶にするため、空気にふれることなく、食 ...

続きを見る

【NHKガッテン】心臓を強くするトレーニング・食べ物&飲み物を紹介

今日のガッテンは「心臓を強くしよう!」特集です。 STOP突然死!強い心臓をめざせSP - NHK ガッテン! 心臓の疾患といえば「心筋梗塞」「狭心症」が代表的なもの。 どちらも血管に問題が生じて、心 ...

続きを見る

-メディア, 健康・マインド

Copyright© 体のケアと健康を考えるブログ , 2019 All Rights Reserved.