ナッツ類

【低糖質ロカボナッツ購入】良質な脂質で糖尿病ケア!一口サイズで食べ応えがあった!

投稿日:2018年12月3日 更新日:

低糖質ダイエット食品の紹介です。

今回はナッツが主役。

これまで7種類の様々なナッツを、このブログでも紹介してきましたが、今日取り上げる「ロカボナッツ」はその総仕上げという感じです。

血管の健康やアンチエイジングに良いナッツ類おすすめ7選

ロカボナッツとは何か?という人のために、まずはこちらから説明していきましょう。

ロカボナッツとは?

パッケージの裏に詳細が掲載されていましたので、写真と内容の文章を挙げてみましょう。

・ロカボとは「低糖質食」のこと

・良質な脂質をたくさん摂取し、糖質を適正に摂取する食事を指す

・ロカボナッツはヨーロッパで大なわれた研究を参考として、当社が栄養バランスを考え独自に配合したミックスナッツ

・食物繊維、オメガ3(n-3脂肪酸)、鉄、亜鉛、ビタミンEをたっぷり含む

とのこと。

ロカボという商品の名前ではなく、食事のとり方を称したということですね。

良質な脂質を多くとることで、糖質を適度に摂取できる、それが低糖質食(ロカボ)ということ。

監修していると思われるのは、こちらの糖尿病専門の先生です。

・最近の栄養学では、低糖食がカロリー制限食以上の効果をもつことが分かってきている

・一食当たりの糖質を20g以上40グラム以下に推奨

・一日当たりで70g以上、130g以下

血糖値を挙げるのは糖質であり、脂質には血糖をあげる作用はないため、糖質を含む食材さえ適正な量にすれば、たっぷり食べられる

・ナッツは低糖色でロカボに最適な食品

・私はワインとなナッツを夜食にしている

ナッツが低糖質食(ロカボ)適した内容ということ。

そして先生はワインのつまみにしているそうです^^

そんなロカボのナッツがこちらです。

アメリカ産もしくはチリ産のクルミ、アメリカ産のアーモンド、トルコ産のヘーゼルナッツになっています。

それぞれの栄養分としては以下のようになります。(参考文献で補強しています)

・クルミ⇒オメガ3脂肪酸(リノール酸やリノレン酸などの良質な不飽和脂肪酸を含むため、血管に付着したコレステロールを取り除く働き)

・アーモンド⇒ビタミンE(活性酸素から細胞膜を守り、脂質に含まれる脂肪酸が酸化して過酸化脂肪酸にならないように働く)

・ヘーゼルナッツ⇒鉄、カリウム(鉄は酸素を全身に巡らせる働き、カリウムは血圧の上昇を抑制する働き)

こういった栄養分に加えて、食塩や油を使っていないため、よりヘルシーに素材そのものを味わえるみたいですね。

では早速その実食といきましょうか!

スポンサーリンク

ロカボナッツ実食レビュー!

今回購入したパックは小袋が10個入りのものになります。

この一袋が10日分ということになりますね。

手のひらサイズです。

では中身を。

しっかり入ってます。

香りも油っぽくなく、香ばしいナッツの匂いそのもの。

味わいもごく普通の美味しいナッツで、歯ごたえもしっかり、香ばしさもたっぷりでした。

意外なほど大振りで、一袋を全部食べたら、お腹がいっぱいに。

小食の人なら、これ一つで一食分になるのでは?と思うくらいの量でした。

これだけ食べても低糖質なのだから、ダイエットや糖質カット食にはうってつけですね。

まとめ

ナッツはカロリーが高いというイメージがありましたが、脂質が良質なのはともかく、糖分が低いというは初めて知りました。

口に広がるまろやかな甘みはもちろん感じるのですが、果物やお菓子、ケーキに比べると格段に低糖質なのがヘルシーさの元だと思います。

ミネラルがしっかり入っているので、体作りや精神の安定にも良さげですからね。

これはぜひとも毎日のおやつとしてポリポリ取り入れたいと思いますよ^^

糖質オフの食品専門店『低糖工房』

体に美味しい低糖質メニュー3選

年齢を重ねるごとに、脂肪の落ちが悪くなってくる感覚があります。 20代の頃は、脂っこいものや甘いものをいくら食べても、太るということはなかったのですが、30半ばを越えると、ほんのりとお腹周りの肉がつい ...

続きを見る

【野菜ジュースおすすめ】6種類の飲み比べレビュー

最近、毎日の食事でちょっと野菜不足が目立つようになってきたので、野菜ジュースで補うことにしました。 スーパーで買い求めた4本のタイプと、通販購入した2本を取り上げています。 まずは市販タイプの野菜ジュ ...

続きを見る

【参考文献】

・「食べもの栄養事典」(日本文芸社)

・「栄養成分の事典」(新星出版社)

-ナッツ類

Copyright© 体のケアと健康を考えるブログ , 2019 All Rights Reserved.