ミドルエイジのケア情報&体験レビュー

体のケア実践ブログ

お茶・ハーブ類 飲みもの

【体が温まる粉末玄米茶 体験談】カテキンパワーと合さった血糖値に良い飲みものレビュー

投稿日:2018年12月20日 更新日:

スポンサーリンク

玄米茶の実飲レビューです。

普段から健康のために粉末緑茶を飲んでいるのですが、ちょうど使っていた分が無くなったので、新たに「粉末玄米茶」を購入しました。

普通ならカテキンだけの取るために、ノーマルな粉末緑茶を購入するのですが、少し前に見た「林修の今でしょ!講座」で玄米茶を取り上げていたことを思い出し、急遽予定を変更してこちらを入手することにたのです。

 

20181220135149

 

簡単に玄米茶の良さを説明すると、

 

・玄米の「ぬか」の部分の栄養分にガンマオリザノールという、高血糖を下げる働きがある成分をほ組んでいる

 

・食事からとった糖は、膵臓から分泌されたインシュリンが糖を取り込んでバランスをとるが、玄米のガンマオリザノールはインシュリンの分泌を促進してくれる働きを持つ

 

・玄米茶は緑茶とブレンドしたお茶なので、緑茶カテキンとのコラボレートで血糖値対策の相乗効果が上がる

 

・飲むタイミングは、糖質が上がりやすい食事の前に飲むのがベスト

 

(参照元:健康長寿に良いお茶&魚の缶詰を紹介レビュー!身近な食材で血液をサラサラに!

 

となっているようで、血管の悪玉コレステロールを減らす緑茶とともに飲むと、最高の健康効果をもたらしてくれるということなのですよ。

緑茶だけだと健康には良いのですが、青っぽい風味と渋みがつらくなるときがあるので、玄米茶の香ばしさで美味しさを加えていきたいと思っていたのもあり、「これや!」とばかりに粉末タイプの玄米茶を注文したという流れでございます。

というわけでですね!

今回はそんな通販で買った粉末玄米茶の実飲を紹介させてもらおうと思います。

 

粉末玄米茶の外観レビュー

 

まずは見た目からいきましょう。

冒頭で一枚写真を紹介しましたので、ここからはその続きです。

 

20181220135135

 

購入元は「いいお茶ドットコム」さん。

以前にも粉末緑茶でお世話になったお茶屋さんですね。

こちらのショップは同封されているハガキとか紹介文とかが、けっこう親切で親しみやすいサービス精神を感じます。

 

20181220135145

 

20181220135140

 

配合成分は「有機緑茶、有機玄米、有機抹茶」の3種類。

 

20181220135130

 

全てが「有機」印の健康に頼もしい有機トリオです。

ちなみにサイズは小ぶりで、男性の手の平くらいになります。

 

20181220135551

 

このあたりで外観レビューを終えまして、次の章で実飲レビューをご覧いただきましょうか。

 

粉末緑茶の実飲レビュー

 

では開封をば。

 

20181220135556

 

見た目は完全に緑茶ですが、香りはかなりの玄米茶です。

つまりは香ばしいフレーバーだということ。

 

20181220135547

 

粗茶をお入れいたします。

 

20181220135543

 

如何ですか?

色合い、泡立ちともに、ごくごく普通の緑茶になっておりますよね?

しかしここからが違うのです。

その真実の味わいと体における超機能的な働きとは?!(少し盛ってます笑)

 

20181220135538

 

グビリと一口。すると・・・

 

非常にすっきりした味わい

 

がします。

粉末緑茶にありがちな「臭み」とか「苦味」を全く感じさせません。

むしろ「玄米」独特の香ばしい風味と、清涼感溢れる口当たりが我が口粘膜と舌先をほのかにかすめつつ、喉の奥から鼻孔にかけての「香りの通り道」を、一陣のそよ風が「ささ」と撫でるように両の鼻の穴に抜けていく感覚がなんともいえず

 

ごっつぁんです

 

という感じでございます。

さらに「後味」もしゃっきりしていて、お茶が染み渡った後の口元や喉がス~ッとする甲子園球児の額に流れる汗のような爽やかさといいますか・・

とにかく癖のない、爽やかな風味。

これが真実の味わいというものでした。

 

20181220135700

 

まとめ

 

予想以上に清涼感ある味わいを堪能することができた「粉末玄米茶」。

味わい自体は温かい状態では穏やかな口当たりで、冷まして飲むと非常に「すっきり」した感覚を味わえました。

あくまでお茶に詳しい方からの聞き伝えですが、カフェインが含まれる緑茶は体を冷やす作用があるので、夏場に飲むと美味しく飲めるが、冬場は冷えてしまうので良くないそう。

逆に発酵させることで「体を温める」作用が生まれるので、緑茶を発酵させた「紅茶」や「烏龍茶」には冷えに良い働きが含まれているとか。

玄米には体を温める働きがあるという話でしたが、緑茶に比べてこの玄米茶のほうが温かさ持続しているような感覚を受けたのは、そのせいなのかもしれませんね。

すっきり爽やかな口当たりと、体ポカポカな保温効果、そして血糖値に良い玄米茶は、しばらくは我が家の定番となりそうです^^

人気記事軟骨成分プロテオグリカン配合「関節ケアサプリメント」おすすめ5選

人気記事【水虫対策まとめ】かゆみやカサカサをケアする予防法&アイテムを紹介

スポンサーリンク

-お茶・ハーブ類, 飲みもの

Copyright© 体のケア実践ブログ , 2019 All Rights Reserved.