体のケアについて考えるブログ

体に良い食べ物・飲み物の体験レビューやケア情報をお伝えしていきます

目指せメタボ解消!脂肪を燃焼させる「食べ物」を紹介

スポンサーリンク




 

一度ついた脂肪はなかなか落ちないもの。

肥満メタボで悩んでいる人も多いです。

余分な脂肪は見た目に良くないだけでなく、健康にも悪い影響を及ぼすので、できれば早めに取り除きたいところ。

今回はそんな肥満メタボを解消・防止するために必要な「食材」を紹介したいと思います。

 

ダイエットのおすすめの食材

 

 

ポイントは以下の3点です。

 

・カロリーの低い食材

・便秘を解消する食材 

・代謝を高める食材

 

それぞれに適した食材を挙げてみると、

 

・きのこ

・海藻類

・こんにゃく

・豆腐

・白菜

・小豆

・イモ類

・タコ

・鳥のササミ

・酢

・トウガラシ

 

などが代表的なものとしてあります。

それぞれの働きを簡単に説明していきましょう。

 

きのこ

・脂質や糖質の代謝よくし、血中コレステロールを下げる成分ビタミンB2を含む

・食物繊維も豊富で、生活習慣病の予防だけでなく、便秘解消にも有効

 

海藻類

・カロリーがゼロのため、多く食べても肥満の心配はない

・ワカメにはビタミンが豊富に含まれているほか、肥満からくる動脈硬化を防ぐ食物繊維やカルシウムなどのミネラルを多く含む

 

こんにゃく

・「グルコマンナン」と呼ばれる食物繊維が含まれている

・便秘の他、血中コレステロールの排泄を促進するため、肥満や動脈硬化を予防

・ノンカロリーなので、肥満の心配なく食べられる

 

豆腐

・コレステロールを退社するリノール酸をはじめ、ビタミンB1、カリウムなど、生活習慣病の防止に働く成分を豊富に含む

・大豆オリゴ糖が主成分になっている糖分も含まれ、腸の働きを整えて活性化させ、消化吸収を助ける効果もあり

 

白菜

・バランスよく栄養素が含まれた野菜

・甘味が少なく、低カロリー

・カリウムや食物繊維を豊富に含むため、むくみや便秘解消に良い働きがあり

 

小豆

・ビタミンB1、カリウム、食物繊維を豊富に含む

・ビタミンB1には糖質の代謝を促進する働きがあり、ダイエットに良い影響を与える

・サポニンが含まれている外皮には、コレステロールや中性脂肪を低下させるほか、腸を刺激し、便秘解消に働きがある

 

イモ類

・芋類に含まれるデンプンは、砂糖や果糖などの糖分に比べて肥満の原因となりにくい

・ジャガイモは低エネルギーでかさも高いため、満足感を得られやすい

 

タコ

・低カロリーで消化に時間がかかるために、ダイエット・糖尿病の方に良い食材

・胃の弱い人やアレルギー体質の人は注意が必要

・タウリンが豊富に含まれているので、血中コレステロールを下げる働きがある

 

鳥のササミ

・高タンパクで低カロリーなため、ダイエットに向いた食材

・脂肪が少なく、胃弱の人の蛋白源に最適

 

・主成分であるクエン酸によって、エネルギー代謝を高める働きがあり

・体内でのエネルギー代謝が高まることで、肥満を抑制することに役立つ

 

トウガラシ

・カプサイシンという辛味成分が含まれており、エネルギーの代謝を高める働きがあり

・代謝を上げて、体内の熱を産生することで、脂肪の分解を促進することができる

 

<肥満に有効な配合成分>

ビタミンB1、カリウム、食物繊維、カルシウム、ミネラル、タウリン、サポニン、クエン酸、カプサイシン

 

主にビタミンB1、食物繊維、タウリンが多く配合されている食材になっています。

日常でも簡単に手に入る食べ物なので、肥満解消やダイエットを目指す方は、ぜひとも毎日の食事に取り入れていきましょう。

 

まとめ

 

肥満やメタボ解消には、基本的には「食べ過ぎない、運動をしっかり行う」ことを実践することが大切です。

そのための心得として、

 

①ゆっくり噛んで食べる

 

②腹七分目

 

③寝る前に食べない

 

④脂肪の多い肉や油もの、アルコールを摂り過ぎない(もちろんお菓子も)

 

⑤ごはんやパン、麺類などの炭水化物は少なめに

 

⑥野菜や海藻類をたっぷりと食べる

 

⑦料理の基本は薄味で

 

の7か条がおすすめではないかと思います。

私自身、上記の運動や7か条を実践しているおかげか、体重は60キロ前半(身長170㎝前半)、体脂肪率11%で、40代にしては比較的に健康的なレベルを保てており、それなりの効果を発揮できていると思っています。(今のところは)

もちろん年齢も高くなってきているので、内臓まわりの病気とか、尿酸値あたりは年齢相応に衰えてきているのは実感できますが・・

ただ少なくとも、腹筋だけは最後の砦として、死ぬまで引き締め続けておきたいかと。

腹周りが締まっていると、服が合わせやすいだけでなく、精神のどこかが「ピン!」と程よい緊張感を保てるような気がして、若さの源であるように感じますから。

少しの「お金」と毎日の「努力」。

これに尽きると思います。体を維持していくコツは。

どうか今回のまとめ記事が、少しでも皆さんのお役に立てればと思います。

【参考文献】

「クスリになる食材事典」(池本真二著:つちや書店)

「食べもの栄養事典」(池上保子:日本文芸社)

「心臓病の予防と治療のコツがわかる本」(青野治朗 総監修:永岡書店)