体のケアと健康について考えるブログ

健康・身だしなみに関する情報と体験レビューをお送りします

【ミネラルウォーターおすすめ】体の中から健康に!天然アルカリイオン水を4種類紹介

スポンサーリンク



水は生命の源。

人の体の約60%が水分で構成されているともいわれ、まさに私たちの体は「水」で満ち溢れています。

水にも種類があり、私たちが普段口にするのは「水道の水」ですが、ミネラルウォーターが健康に役立つことが広く知られた今では、飲み水といえばミネラルウォーターをイメージするまでに、その認知度は高まっています。

毎日飲むものだから、体に良いものを摂りたい。

今回はそんな体に良い水「ミネラルウォーター」についての情報と、個人的にお気に入りの「おすすめウォーター」を紹介していきたいと思います。

 

 

ミネラル・ウォーターとは?

 

 

 

農林水産省が出している「ミネラル・ウォーター類の品質ガイドライン」によれば、

 

・地下水等のうち飲用適の水を容器に詰めたもの

 

・特定の水源から採水された地下水を原水とし、沈殿、濾過、加熱殺菌以外の物理的・化学的処理を行わないものにあっては、「ナチュラルウォーター」と記載すること

 

・ナチュラルウォーターのうち鉱化された地下水を原水としたものにあっては、「ナチュラルミネラルウォーター」と記載することができる

 

・ナチュラルミネラルウォーターを原水とし、品質を安定させる目的等のためにミネラルの調整、ばっ気、複数の水源から採水したナチュラルミネラルウォーターの混合等が行われているものにあっては、「ミネラルウォーター」と記載すること

 

・ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター及びミネラルウォーター以外のものにあっては、「飲用水」又は「ボトルドウォーター」と記載すること

 

(引用元:ミネラルウォーター類(容器入り飲用水)の品質表示ガイドライン

*(注:一部を省略)

 

と定義されています。

つまりミネラルウォーターの中でも、ナチュラルミネラルウォーターは、自然のままの状態でボトリングされた状態のものを指すということ。

特定の水源から採取し、地下水を原水とし、地層のミネラルが溶けだした水には「ミネラル」が豊富に含まれているのです。

さらに天然のミネラルウォータの中でもアルカリ度の高い「アルカリイオン水」は、胃腸に良いとされ、免疫細胞の6割が集中している腸内を整える働きがあるとか。

juntarouletter.hateblo.jp

免疫力が高まれば、体の防衛機能が良く働くので、病気を防いでくれるということですね。

そんな体に優しい水は、同時に「口にも優しい」ということ。

日本ミネラルウォーター協会は、ミネラルウォーターの美味しさを以下のように定義しています。

 

【おいしさに寄与する成分】

・プラスに働く物質が適量含まれていること。

⇒カルシウム、カリウム、二酸化炭素、重炭酸、溶存酸素、二酸化炭素

 

【まずさに関係する成分】

・マイナスに働く物質。

⇒マグネシウム、硫酸イオン、硫化水素、マンガン、鉄、銅、亜鉛等

 

【美味しく飲む適温】

10℃〜15℃(夏場は10℃〜20℃)

 

参照元:一般社団法人日本ミネラルウォーター協会(公式ホームページ)|普及|調査|研究

 

このほかにも「マグネシウムは渋みに関係する成分ですが、カルシウム等とある割合で共存しますと、逆においしくなる場合もあります」とあり、ミネラルの量は多過ぎても、少な過ぎてもいけないのだそうです。

 

ミネラルを全く含まないか、またはほとんど含まないものは「気の抜けた水」になります。また、ミネラルのバランスにもよりますが、適量のものは「まろやか」ですし、多過ぎると「苦味」「塩味」「渋み」などが出てきます。 

 

と書かれており、バランスが大切ということがいえるようです。

水に含まれているミネラルの代表的な成分である「マグネシウム」「カルシウム」について以下にまとめてみますと、

 

【マグネシウム】

 

・骨や歯の発育や強化を促すミネラル

 

・300以上の酵素の働きをサポート

 

・神経の興奮を抑え、筋肉の働きを正常化する

 

・血圧の正常化や体温の調節にも関与

 

・不足すると不整脈や動脈硬化、血圧上昇、心疾患のリスクが高まる

 

【カルシウム】

 

・主に骨や歯に、もしくは血液や筋肉、神経内に含まれる

 

・精神の安定や筋肉の働きをサポートする

 

・不足すると骨密度が低下し「骨粗しょう症」や「骨折」を起こしやすくなる

 

・「イライラの原因」「肩こりや腰痛」「血行と血液の状態に影響」を引き起こす

 

(参照元:「栄養成分の事典」則岡孝子監修:新星出版社)

 

などが挙げられます。

 

こういった特徴をまとめてみると、

 

・ミネラルを含む水源から自然のまま採取された「ナチュラルミネラルウォーター」と表記されたものを選ぶ

 

・その中でもph度の高いアルカリ性の「天然アルカリイオン水」を選ぶとなお良い

 

ということになりますね。

ではその基準に従って、私が普段飲んでいる「天然アルカリイオン水」を紹介していきましょう。

 

おすすめ「ミネラル・ウォーター」を紹介

 

お気に入りのタイプを4つ選びました。

 

温泉水99

【紹介&おすすめポイント】

①鹿児島県垂水温泉の地下750メートルからくみ上げられた、天然アルカリイオン水

②アルカリ度が9.9phとかなり高く、浸透力もあるため、体によく馴染む

③また硬度が1.7超軟水なので、飲みものや料理用の水にも最適

④まろやかな口あたりで風味も柔らかく、ミネラル分のすっきりした後味あり

 

 

我が家では主に普段の飲料用に購入しています。

初めての方のためのセットも用意されています。

 

富士ミネラルウォーター

【紹介&おすすめポイント】

①創業80年の歴史を持つ老舗ブランド

②富士山の標高850mで採水された軟水を使用し、バナジウムを多く含んだ弱アルカリ性の天然アルカリイオン水

③まろやかで甘味のある柔らかさが特徴的

④phも8.0と高く、バナジウムが血糖値を下げる働きがあるとされるので、健康にも良い作用が期待できる

⑤料理やお茶、コーヒーにも相性抜群

 

 

備蓄用と飲料用の2種類に分けて購入してます。

 

海洋深層水「天海の水」 

【紹介&おすすめポイント】

①高知県室戸の沖合から取水したミネラル分を豊富に含んだ海洋深層水

②3種類ある独自の技術で塩分の実を取り除いた100%深層水は、深海のミネラルがそのまま詰まった、まさに自然の恵みそのもの

③「硬度1000」はミネラルの味わいが非常に強く硬い風味

④「硬度250」は中性的な味わいで清涼感あり

⑤「軟水」はまろやかですっきりしており、クリアな気分になれる感じ

⑥どれも体に良い感じが非常にあり、飲んでいるだけでデトックス効果を感じる

 

 

このシリーズは専ら普段の健康用に使ってます。

お試ししたい方のためのセットも用意されています。

 

日田天領水

【紹介&おすすめポイント】

①大分県日田市の地下深層部から汲み上げられた、弱アルカリ性の天然水

②硬度約32mg/Lの軟水であり、pH約8.3と程よく飲みやすい水質になっている

③天然の活性水素を含んでおり、体への浸透力の高さが嬉しい

④まろやかな口当たりで、ミネラル独特の硬さも少なく、すっきりして飲みやすい

 

 

清涼感があり、癖がないので来客用に出すお茶にもよく使っています。

この水を使ったウォーターサーバーもあるので、いつでも好きな時に飲みたい方や、よく飲む方、お店に置きたい方は便利かもしれません。

 

まとめ

 

ナチュラルミネラルウォーターに関する豆知識と紹介を取り上げてみました。

最後に紹介したそれぞれのミネラルウォーターは、今まで飲んできた様々な中から、特に気に入って今でも続けて飲んでいるものをピックアップしています。

主に自分と家族が専用に飲むのが最初の3つで、普段使いと来客用に使うのが最後の日田天領水になっている感じですかね。

この4種類がここ半年くらいの我が家のミネラルウォーターサイクルになっていて、月替わりで種類を変えていく流れが定着しています。

健康茶も好きですが、自然の水は体の中からクリアにしてくれる感じがあって、飲んだ後は気分がすこぶる良くなりますし、体のほうも胃腸が元気になっていく感覚があって、これはいいなと実感してます。

でも時々、わざわざ冷蔵庫から取り出して飲むのも面倒なので、そのうちウォータ―サーバーかバックインボックスに替えるかもしれませんね。

そのときはぜひまたこのブログで取り上げましょう。

美味しくて体に良い天然アルカリイオン水を、これからも毎日変わることなく飲み続けたいと思ってます。

juntarouletter.hateblo.jp