中年世代のための健康・ボディケア情報

体のケアと身だしなみブログ

ダニ退治に役立つ「おすすめ布団乾燥機」まとめ

投稿日:2019年7月24日 更新日:

スポンサーリンク


鼻炎、アトピー、ぜんそく・・・

苦しんでいる人は多いです。

その大半がアレルギー性ということで、原因はさまざま。

その中の一つにダニによるアレルギー反応というのがあります。

ダニはハウスダストの一つとして、アレルギー持ちから忌避されている存在。

こいつのせいで鼻炎とか喘息とかアトピー性皮膚炎を引き起こすことが多いんですよね。

それが部屋の中に無数にいるだけならともなく、一日の中で一番ゆっくり休める「布団」や「ベッド」の寝具に無数に生息しているという恐怖!!

寝具の中はダニにとってすごく快適な場所らしく、湿度とか温度がベストマッチするのだそう。

さらに人間様の皮膚のカスが大好物で、これを毎日食べることでさらに無数に増殖していくという・・

さらに寝ている間にダニどもが自分の体の上を這いずってきてカミカミして・・・・うぎゃあああっ!

まさに恐怖。

まさにホラームービー。

そんなダニどもを退治する方法はあるのか?!

あります。

それも簡単な方法で!

ということで、早速ダニ駆除法を紹介していきましょう!

布団乾燥機でダニを一網打尽にせよ!

ダニを駆除するとなると、多くの人が想像するのが「洗濯」「日干し」。

しかしこれでは不十分なんです。

というのは、ダニは布団など寝具の奥に入り込んでいるので、洗濯しても掃除しても、日干ししても、掃除機で吸いとろうとしても、繊維の奥にまでしっかり捕まって離さないんですよ。

そこで一番ベストなのが、布団乾燥機にかけること。

ダニは50℃以上の温度に弱く、乾燥機の熱にかけると一気に退治されていくのです。

より詳しく言うと、

50℃以上の熱で20~30分で死滅

60℃の熱で一瞬に死滅

ということ!

これは朗報ですね。

布団乾燥機で死滅させた後は、その死骸を掃除機で吸いとると綺麗さっぱりにダニの駆除は終了!

加熱と掃除機がけの頻度は、布団乾燥機⇒3か月に一回、掃除機掛け⇒1週間に一回、がベスト。

簡単ですね!

スポンサーリンク

布団乾燥機の紹介

簡単にダニを退治できる布団乾燥機ですが、価格や種類はピンキリです。

とはいえ、安いものであれば5,000円前後、高いものでも14,000円前後で買えるので、そこそこエコノミーです。

以下に主だったメーカーのものを価格順に紹介しておきますね(価格は変更の可能性あり)

「三菱電機」(14,000円~)

仕様

●カラー:ダークブラウン
●消費出力:680W
●サイズ:355×161×314mm
●重量:3.6㎏
●フィルター:銀ナノアレルパンチフィルター

「シャープ」11,000円~

仕様

●消費電力(「消臭乾燥」運転、衣類乾燥時)
・50Hz:550W
・60Hz:560W
●タイマー:10 / 20 / 55 / 75 / 100 / 120 / 180 分
●安全装置:転倒時運転停止装置、温度過昇防止サーモスタット
●サイズ:243×243×386mm
●重量:4.0kg

「アイリスオーヤマ」11,000円~

仕様

●消費電力:760W
●安全装置:温度センサー、サーモスタット、温度ヒューズ
●自動モード:冬、夏(送風仕上げ)、あたため、ダニ
●付属品:くつ乾燥アタッチメント×2
●サイズ:16.8×19.5×36
●重量:2.2kg

「象印」10,000円~

仕様

●カラー:ホワイト
●サイズ:335×130×350
●重量:9.5kg
●原産国:日本

「日立」9,000円~

仕様

●サイズ:338×283×17
●重量:4.3㎏(付属品含む)
●消費電力:最大680w
●付属品:ふとん乾燥アタッチメント、くつ乾燥アタッチメント、ふとん乾燥アタッチメントホルダー、専用デオドラント剤各種
●ダニ退治:有り

「山善」6,000円~

仕様

●重量:2.9kg
●消費電力:525W(50Hz)/550W(60Hz)
●付属品:ふとん乾燥アタッチメント(立体ノズル)、くつ乾燥アタッチメント

「パナソニック」5,000円~

仕様

●サイズ:271×344×164
●本体重量:2.5㎏
●消費電力:540w
●タイマー:電動式2時間
●衣類乾燥:×
●くつ乾燥:○(約15~60分)
●ダニ対策:○(約5時間)

こうしてダニを死滅した後は、その死体を吸い取ってダニ駆除は完成です。

吸い取る方法で一番簡単なのは、掃除機の先にノズルをつけて吸い取る方法と、ストッキングを吸い込み口の先端に被せて吸い取る方法があります(これだと布団の布を吸い込まないで済む)

他にも布団クリーナーで吸いとる方法もあるので、気に入ったやり方でダニ駆除のフィニッシュを飾ってください。

コインランドリーや炎天下の車内でもダニ駆除可能!

布団乾燥機を使った自宅でのダニ駆除以外にも、コインランドリーの乾燥機で寝具を加熱する方法もあります。

コインランドリーだと、掛布団や敷布団まで乾燥できるものもあるので、布団乾燥機を買うのがもったいなかったり、大きい寝具を乾燥させるのに必要なサイズの乾燥機がない場合は、こちらのほうが便利かもしれません。

最近は日本で働く外国人の労働者向けに、都市部ではコインランドリーの数が増えてきているので、その選択も全然ありですね。

ほかにも夏限定になりますが、炎天下の車内に寝具を入れてダニ駆除する方法もあります。

閉じられた車内だとたちまち温度が50℃以上に達するので、フロントガラスの下や、太陽の光が十分あたるところに寝具を置き、裏と表を2時間程度、日に当てると良いです。

ただこの方法は、火事や火傷、熱中症の危険があるので、フロントガラス付近に布団以外のものは置かないこと、車内に留まらないことが大切です。

放置せずに時々目を配りながら、適度な時間まで布団を乾かしていきましょう。

まとめ

私も若いころはずっと気管支性喘息とアトピー性皮膚炎にかかっていました。

長年、原因が分からず薬を処方されて飲むだけでしたが、ある日、病院で血液検査を受けて「ハウスダストによるアレルギー反応の可能性が高い」と診断されましたね。

ハウスダストというと、ほこりやゴミなどを想像しますが、この中に「ダニ」も入るので、早速、部屋を掃除して綺麗にしましたとも。

すっかり部屋をクリーンにして、さあこれでアレルギーから解放されるぞ!と思いきや、その後もアレルギー反応が変わらず出ていました。

掃除する前よりは頻度は減っていたので、多少の効果はあったのですが、今考えると布団のダニが大きな原因だったのかなと思います。

運動や食事療法で今は随分マシになりましたが、それでも時々ゴホゴホしたり、体が痒く成ったりすることもあるので、これはきっとダニが暴れているせいなのでしょう。

ちなみに今回のダニ駆除情報は、4年前にガッテンで見ていた内容に即しています。

今こそ!ダニ撲滅宣言-NHKガッテン

月日が経っても心に響く布団乾燥機の威力なり。

皆さんも、ぜひとも自宅の布団やベッドに潜むダニ軍団を「50℃以上の乾燥熱」で一気に葬ってやって下さい。

アレルギー持ちの方はもちろん、そうでない方もきっと晴れ晴れとした気持ちになれるでしょうから・・・

-まとめ・ランキング, 健康グッズ

Copyright© 体のケアと身だしなみブログ , 2019 All Rights Reserved.