体と心に美味しい情報を紹介

体のケアと健康について考えるブログ

寝ても座ってもOK!「お腹の脂肪を落とす」簡単トレーニング法を紹介

2019年9月21日

一度ついたお腹周りの肉はなかなか落ちないもの。

食事節制やウォーキング、ランニングを定期的に頑張っても、意外にしぶとく残るのがお腹の脂肪なんですね。

私も学生時代から20数年間、自重トレーニングは欠かさず行ってきていますが、お腹周りの脂肪は特に落とすのに苦労して時間がかなる部分だと実感しています。

普通に時間を決めて行うトレーニングでは正直難しい。

そこで今回は「普段の生活の中で自然に行えて、かつ効果が高い」運動を取り上げようと思います。


座ってできるお腹の脂肪落とし運動

まずは椅子に座っている状態で行えるエクササイズです。

場所を選ばずにどこでもできる手軽さがポイントで、私もよく行う運動の一つです。

①座った状態になる

②足の裏を5㎜~1㎝程度浮かせる

②お腹に力を入れる

疲れたり、足がぷるぷる震えてきたなと思ったら、降ろして休んでまた上げるを繰り返します。

自宅で行う場合は、少し派手めに足を上げて「フーフー」言いながらやれば、トレーニング気分が出て良いかもしれません(笑)

外のお店で飲んだり食べたりしている時や、図書館で勉強している時、電車に乗ってスマホをいじっているときにやっても効果的ですね。

その際は人に気づかれたら恥ずかしいので、足の裏を上げるレベルを少し下げて(3ミリ程度)やると、疲れで足がぷるぷる震えることもないでしょう。

いつでも行える気軽さが魅力です。

効果とポイント

・腹筋がついてお腹が引っ込む

・胃腸の動きを促進する

・場所を選ばずに行える

寝てできるお腹の脂肪落とし運動

寝ながら行える簡単エクササイズです。

基本の要領はさきほどの「座りながらバージョン」と同じです。

①床に寝る

②両足を揃えて、頭の上にもっていく

③静かにゆっくりと意識しながら、そのまま両足を床に降ろしていく

④降ろしきる直前で一センチほど浮かせて維持する

⑤再び足を上げて降ろす→これを10回ほど繰り返す

⑥再び両足を頭上にまで上げて、今度は右側に両足をねじって降ろし、降ろしきる直前で止める

⑦10回行う

⑧次は左に両足をねじって降ろす直前で止める

⑨10回行う

まっすぐに降ろすバージョン、左右にねじって降ろすバージョンの2種類です。

基本的には最初の「まっすぐ降ろすバージョン」だけでも効果は十分にあります。

そこに左右のねじりを加えることで、さらに腹斜筋まで巻き込んで脂肪ダウンのレベルを上げることができるので、やる気のある人はぜひ両方ともに挑戦してください。

どちらも寝ながらできるので簡単に手軽にできます。

注意点は、腰に負担をかける動きになるので、腰痛などの持病を持つ人はやめたほうが良いということですかね。

健康な人でも腰への負担はけっこうあるので、行う場合は呼吸を忘れずに、ゆっくりと静かに足を降ろしていくことを心がけてください。

効果

・お腹周りがすっきりする

・腹筋がつく

・胃腸が丈夫になる

脂肪を落としやすい食べもの

お腹の脂肪を落とすには運動だけでなく、適度な食事療法が必要です。

カロリー(エネルギー)が低い食べ物がダイエットの基本です。

とるべき栄養成分の代表格は食物繊維。

消化を穏やかにして血糖値を安定させ、便通も良くしてくれます。

ビタミンB1は糖質の代謝を促し、カリウムには利尿作用があるので「むくみ」を取り除いてくれます。

小豆に含まれるサポニンには腸を刺激して便通を促進してくれるので、食物繊維と共におすすめの成分です。

ほかにもクエン酸が豊富に詰まった酢など、エネルギー消費を高める食品があります。

おすすめの食品

・ワカメ

・こんにゃく

・唐辛子

・じゃがいも

・小豆

・酢

・タコ

タコは意外かもしれませんが、カロリーが低く、お腹持ちがよいのでヘルシーな食材になります。

そのあたりはこんにゃくと似ているかもしれませんね。

酢との組み合わせでいえば「タコのキュウリもみ」が美味しく食べられます。

小豆も黒糖を入れて蒸して食べてもいい感じですね。

一袋分を蒸して食べると、一日お茶碗一杯分として1週間~2週間はもつので、おすすめですよ。

まとめ

お腹の脂肪を落とす運動「2選」を紹介しました。

お腹の脂肪は夏場などカロリーの消費が激しい時はつきにくいんですが、秋から冬にかけては食べものも美味しくなってきますし、エネルギー消費も低くなるので、けっこう増えてくるんですよね。

そんなときに今回のエクササイズは、走ったり、スクワットしたりするような激し目の動きがないので、運動が苦手な人にもおすすめです。

ただ寝るバージョンは腰の負担には注意してくださいね。

それでも「面倒だ!」というものぐさ太郎(花子)な貴方には、装着するだけで腹筋が鍛えられる「シックスパッド」をぜひどうぞ^^

【参考文献】

「食べもの栄養事典」日本文芸社

「クスリになる食材事典」つちや書店

スポンサーリンク



-運動・ストレッチ

Copyright© 体のケアと健康について考えるブログ , 2019 All Rights Reserved.