香ばしい匂いと味わいが魅力「チャコールバターコーヒー」レビュー

投稿日:2019年6月23日 更新日:

スポンサーリンク


体に良いコーヒーの紹介です。

コーヒーは好きで普段から浴びるように飲んでいるのですが、たまに味わいの違う銘柄や種類を求めて買い替えることが多々あります。

今回はそんなリサーチの中で引っかかった「チャコールバターコーヒー」の実飲レビューをしていきます。

チャコールバターコーヒーとは何ぞや?

バターとMCTオイルをメインに配合した新感覚のコーヒーです。

バターコーヒーそのものは以前から知っていたのですが、ネットで発見した今回のタイプはそこに活性炭やジンジャーなどを含んでいて、その栄養価・健康効果の高さに魅かれて購入しました。

チャコールバターコーヒー

バターコーヒーだけでも香り高さが美味しくて嬉しくなるのですが、そこに上に挙げた様々な成分を含んでいるので、中年世代の自分的にはビビビビッと。

その栄養効果を以下にまとめてみますと、

・バターの脂質で満腹感をサポート

・1杯(小袋分け)0.8gと低糖質

・MCTオイルで素早くエネルギーに

・体の毒素を吸着してくれる活性炭入り

・JA認定の有機ジンジャーで代謝を高めてダイエット効果 

・イヌリン・アカシア(食物繊維の一種)で血糖値の上昇を穏やかにする

となっており、自分的には「血糖値の上昇を穏やかにする」のラインに要注目してしましましたね。

さらにおっさん的に言いますと、コーヒーそのものに痛風ケアの効果があるということも、コーヒー好きにとって嬉しい副効果というもの。

日経電子版の【「コーヒーは痛風予防にいい」ってホント?ウソ?】という記事で、

痛風や高尿酸血症に詳しい東京慈恵会医科大学名誉教授の細谷龍男さんは、「(尿酸値の気になる方は)コーヒーの摂取もお勧めです。米国のコホート研究で、『コーヒーを多く飲む人ほど痛風発症のリスクが低い』という報告が出ています」と話します(Arthritis Rheum. 2007;56:2049-2055.)。

この研究では、コーヒーの摂取量が多い人ほど痛風発症リスクは低いという結果が出ています。日に6杯以上飲む人の痛風発症の危険度は、全くコーヒーを飲まない人に比べ半分以下です。

と述べられており、尿酸値が上がりやすくなる40代にとって、コーヒーの有難さが体に染みる報告に涙というわけなんですよ。

他にも過去記事のコーヒーレビューで取り上げたカナダのコホート研究でも、同様の報告がありました。

カフェインレスのドイツ産コーヒー「マウントハーゲン」レビュー

中年を迎えると代謝の鈍さが目立つこともさることながら、尿酸値の上がり具合が気になるようになってきます。 これも代謝と関係しているとは思うのですが、加齢による体の変化はいかんともしがたく・・ そのために ...

続きを見る

こういったコーヒーと痛風の関係性と、ここに今回購入したバターコーヒーダイエット効果が加わることで、味わいだけでなく健康にも良い効果が望めるのでは!という期待を抱きつつ、早速レビューを行っていきましょうか!

スポンサーリンク


チャコールバターコーヒーの実飲レビュー

お洒落なパッケージです。

原材料はこちら。

コーヒーパウダー、マカ粉末、食物繊維やバターパウダー、有機ショウガ粉末が配合されています

箱の中身はスティック状の小袋にが30個入り。

一日1個とすれば30日は持ちますね(一か月)

中身はどんな感じでしょう?

サラサラしたコーヒー粉末です。

香りはすごく良いです。

バターの香ばしい香りというか、焼きたてのトーストに熱々のバターを塗った時の美味しい匂いといいますか。

お湯を入れてみましょう。

う~ん、先ほどのパンチのあるバターの香ばしさが丸くなり、ふんわりした優しいフレーバーに変化しました。

飲んでみますと、最初の口当たりはインスタントコーヒ―ですが、うっすらとしたほろ苦さを含みつつ、温度を上げたバターの丸い香りがふんわりと口全体を優しく撫でていき、その香りが鼻孔に立ち昇ってきます。

味わいはバターテイストですが、味わいは普通のインスタントコーヒーに比べて格段にマイルド。

飲み終わった後にバターの風味が残るのがすんごく気持ちよいですね^^

焼き立てのトーストに塗るバターの香ばしさを堪能する感じで楽しめました!

まとめ

想像以上のバターの発酵した良い香りと、マイルドな味わいだったチャコールバターコーヒー。

しばらく飲んでいて気づいたのが、お腹のすっきり感ですかね。

最近は以前に比べて就寝の時間がずれてしまったので、そのせいか精神的に軽いストレスを感じてしまい、胃腸の動きが鈍くなっていました。

その時にこのバターコーヒーの香りを嗅ぐと、それだけで癒されますし、飲んでみると口全体と体の奥にマイルドでバターの風味がふわんと広がって、その途端にお腹がゴロゴロと動き出すので重宝しています。

とにかくバターの良い香りがストレス軽減効果になるのですよ、自分の場合は。

一箱(30本・一月分)で1,980円(税別)なので、味や効果を試したい人には求め易い価格設定になっていますし、スティック粉末で持ち運びがしやすく、職場や学校、外出先にも携帯できる便利さも良い感じです。

皆さんも、バターとコーヒーのアロマ効果に身をゆだねては如何でしょう?

活性炭もブレンドされた新発想バターコーヒーダイエット

尿酸値リスクを下げる「サプリメント・食べ物・飲み物」11選

痛風の原因の一つだと言われている「尿酸値」を下げる成分が入った「サプリメント・飲みもの・食べもの」をまとめてみました。 これまで実際に購入したものを体験レビューつきで紹介させてもらいます。 あくまで個 ...

続きを見る

-コーヒー, 脂肪ケア・ダイエット, 食事・栄養ケア

Copyright© 体のケアと身だしなみレビューブログ , 2019 All Rights Reserved.