体と心に美味しい情報を紹介

体のケアと健康について考えるブログ

風邪やインフルエンザにかかりにくくなった理由はこれだ!【あくまで私見です】

2019年12月29日

毎年、冬の乾燥した時期には風邪やインフルエンザが流行します。

今年もインフルエンザが流行っているようで、私の周りでも結構な数の人がかかっています。

職場でも10人近いスタッフが一気にインフルや風邪で休んでしまい、現場はエライことになっていました^^;(私の部署ではないので助かりましたが)

そんな中で私は不思議とここ数年、大きな風邪を引いたことはないです。

もちろん鼻かぜや喉がちょっとイガイガする程度の風邪ひきはちょこちょこあるのですが、寝込んでしまうほどのものは全くないんです。

インフルエンザも10年前に罹って以来、一度もありません。

仕事を変えたのもありますが、人と接触する内容は以前と同じなので、やはり何か理由があるのだろうと。

なぜなんだろう?と考えたところ、いくつかのポイントが浮かび上がりました。

「粉末緑茶を飲む」「運動を定期的にしている」「鼻呼吸を心がけている」「日光浴を欠かさない」

この4点です。

どれも習慣化しているので、風邪予防を意識して行っているつもりはないのですが、体の抵抗力を上げるには効果があったということ。

ということで、今回はそれぞれの風邪やインフルに良いと思われる理由をお伝えします。

カテキンと筋力アップが鍵だった!

まずは「粉末緑茶」についてです。

緑茶に含まれているカテキンは、細菌やウィルスの殺菌に働く作用があります。

煎茶と抹茶の違いとは?【エピガロカテキンガレート】

NHKガッテンで放送された「口内フローラSP」で緑茶の持つカテキンパワーのすごさをこのブログでも紹介しました。 粉末緑茶で口内フローラのバランスを整えよう! それから実際に粉末緑茶を購入して、一月ほど ...

続きを見る

もともとはテレビ番組で紹介されていて、それがきっかけで緑茶をよく飲むようになりました。

【NHKガッテン】粉末緑茶で口内フローラのバランスを整えよう!

今日のガッテン!は口内フローラ特集です! ウイルス&細菌を撃退!「口内フローラ」新健康術SP(仮) - NHK ガッテン! 腸内フローラというのは聞いたことがありますが、口内フローラってなんだ?と思う ...

続きを見る

それも普通の緑茶ではなくて、粉末状にした緑茶が口の中にカテキンが残りやすいのでおすすめですね。

喉の保護はもちろん、歯周病予防にも良くて、紹介されていた番組では歯医者さんも粉末緑茶を治療に使っていたほど。

美味しい上に香りも良いので家にいるときは、しょっちゅう飲んでます。

2パックで買うので毎日飲んでも一月はもつので、コスパも良いですしね。

おかげで飲み始めてから口の中もすっきりして、大きな風邪引きもインフルエンザもかからなくなったので、粉末緑茶さまさまだと思ってます。

そして次は「運動を定期的にしている」

実は私、子供の頃から学生時代までアレルギー体質でした。

10代の終わりまで気管支喘息やアトピー性皮膚炎に悩まされていまして。

それを改善しようと始めた水泳と武道、筋トレのおかげで、いつの間にか症状が出なくなっていたのです(今に至る)

トレーニングが代謝を良くして体質を変えたのか、筋トレによる筋力アップとは、そもそも細胞を一度壊してから新たに再生する過程で強くなるものなので、その間で発生した「炎症」の治癒に細胞の防衛反応が向かうようになったせいなのか・・・

理由はわかりませんが、とにかくアレルギー体質は良くなっていましたね。

それ以来20年以上、ストレッチとウォーキング、自重筋トレのメニューを毎日欠かしていません。

有酸素運動は心肺機能を高めるので、呼吸系が鍛えられますし、腕立てやスロースクワットの自重筋トレは筋力アップになります。

冷えは免疫力を低下させるので、筋トレで体温を上げる効果は無視できませんね。

体温の維持が風邪予防につながっているのでしょうか?

そして続く「鼻呼吸」。

乾燥した空気をそのまま吸い込まないための呼吸法です。

いわば自然のマスクです。

これは武道を学ぶ過程で学びました。

相手に自分の呼吸を悟らせないためのものですが、健康的には、鼻毛や鼻腔内の湿気で雑菌やウィルスの侵入をふせぐことで、風邪・インフル予防にも良いという一石二鳥な効果。

いわば「鼻フィルター」です。

ただ使い続けると、掃除機と同じで鼻の中にゴミがたまってきます。

定期的に鼻の中を掃除することで鼻呼吸がしやすくなるので、塩水や専用キットを使った鼻うがいすると良いですよ。

最後は「日光浴」になります。

日光浴には、筋肉の合成や免疫機能をアップさせる「ビタミンD」を作り出す働きがあります。

ビタミンDのアップは免疫力や体力の向上にもつながるので、風邪やインフル予防に必須条件。

夏場で日差しが強い日は5分程度でも良いですが、冬場の日照時間が短い季節は、20分くらい当たるようにしてます。

ポカポカ陽気の日は気持ちよくなるので、リラックス効果も抜群ですよ。

続けやすい粉末緑茶が最強

これまで「粉末緑茶」「トレーニング」「鼻呼吸」「日光浴」の4点を紹介してきましたが、個人的に一番効果があったと思うのは「粉末緑茶を飲むこと」です。

他の3点は若いころから続けていたことですが、その間も風邪やインフルにかかることが数回ありました(他の人よりは少なかったですが)

しかし粉末緑茶は飲み始めた2年前から、一度も寝込むくらいの風邪やインフルに罹っていないので、超個人的に「これだ!」と効果を実感しています。

強力な殺菌作用で、口の中や喉をクリアにしてくれる感覚がありますしね。

特にいま飲んでいる屋久島の緑茶は、味が上品でまろやかさがあって、口や喉がさっぱりできることが気に入っています。

カテキンたっぷり!上品で優しい味わいの粉末緑茶「屋久島@深山園」レビュー

粉末緑茶シリーズです。 昨年の11月にNHKガッテン!の「口内フローラ特集」で紹介された「粉末緑茶」を実際に色々と試してきました。 粉末緑茶で口内フローラのバランスを整えよう! 普段飲んでいるお茶に優 ...

続きを見る

一日のうちに何杯も飲むので、殺菌効果も抜群の予感。

美味しく飲みながら、健康に気遣えるコスパの良い健康飲料という立ち位置です。

緑茶は体を冷やす性質をもつので、冬場に飲むことの欠点はあるのですが、そのぶん熱いお茶のときに飲めば大丈夫ですよ。

まとめ

普段の生活で実践している「風邪やインフルエンザにかかりにくいポイント4点」を紹介させてもらいました。

あくまで私自身の体感なので、他の人に当てはまるかどうかは分かりませんが、少なからず一つの指標にはなるのではないかなと思います。

風邪やインフルエンザは一度罹ってしまうと、病院できちんとした治療を受けないと回復は難しいです。

なので、お金や時間を浪費しないためにも、普段からのケアで予防することが最も大事だと思っています。

そのための参考の一つとして読んでもらえらたら、嬉しく思います。

のどや鼻の不調をケアする「食べもの・飲みもの・グッズ」10選

毎年、冬から春にかけての時期は、空気が乾燥するだけでなく、花粉症も飛び交って、鼻や喉が不快になり、粘膜を傷めやすくなってくる季節です。 加えて最近の猛暑で夏場はエアコンが効きすぎるため、夏風邪にかかり ...

続きを見る

-まとめ・ランキング

Copyright© 体のケアと健康について考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.