体と心に美味しい情報をレビュー

体のケアと癒しブログ

運動しながら本を聞ける!アマゾンのオーディオブック「Audible」レビュー&まとめ

2020年4月23日


アマゾンのオーディオブックサービス「Audible」の体験レビューです。

少し前に無料体験から加入してサービス内容が気に入ったので、引き続き利用しています。

このサービスにはいくつかのポイントがあります。

・作業中に手を止めずに本の内容を学べる

・運動中に本を楽しめる

・家事をしながら本を楽しめる

・子供に絵本の読み聞かせができる

・視力の衰えた人でも読書を楽しめる

・ラインナップが少ない

・月額料金と一冊の価格が高め

どちらかというと良い点のほうが多い気がするのですが、やはり完璧なサービスというのはなかなか存在しないので、このaudibleにも欠点はあります(最後の2つ)

とはいえ自分的にはメリット面のほうが多いので、継続してる感じですね。

ではaudibleのサービスについて紹介しつつ、上に挙げたポイントをそれぞれ解説していくことにしましょう。

Audibleとは?

米国発の情報エンターテイメント企業です。

1995年の創業以来、音声書籍をメインに扱っている会社で、2008年にアマゾンの傘下になりました。

現在までアマゾンと提携しつつ、40万冊のオーディオブックを世界中のユーザーに提供しています。

日本語版のオーディオブックはその中で1万冊ほど。

これが多いか少ないかは、まだ全部を利用したわけではないのではっきりとはいえませんが(さすがに1万冊の読破は経済的にも体力的にも無理ですが^^;)、今のところは普通の書籍と比べて少な目かな?という印象です。

とはいえ、アマゾンはこのサービスを一押しで日本市場で売り出しているので、これからどんどん商品の幅が広がっていくと確信しています。

スポンサーリンク

Audibleの魅力とは?

音楽感覚で本を楽しめることに尽きます。

普通、読書というのは、手で持ったり、机の上に置いて読まないといけないので、何かしらの動きの制約があります。

少なくとも「目」は文字をみつめないといけないので、同時に何かの作業が行えないデメリットはありますね。

でもオーディオブックなら、本への目の固定から動きが解放されるので、本の内容を楽しみながら運動や家事を行うことが可能なんです。

まさに音楽をイヤホンやオーディオで聞く感覚ですね。

で、その場合の本の楽しみ方というのも、いくつかあります。

以下に私が考えた「オーディオブックの使い分け」を紹介したいと思います。

学びのオーディオブック

通勤や通学中、仕事の合間や家事の合間におすすめな「オーディオブック」です。

audibleには「自己啓発」「ビジネス・経済」「語学」のジャンルが充実しているので、仕事のキャリアアップや受験に必要な知識や資格の勉強を移動中に「耳で」行うことができます。

とくにマインドセット本などは、通勤前に聞くとその日の仕事の質に影響してくるので、けっこうお勧めなジャンルではありますね。

created by Rinker
¥1,320 (2020/05/25 23:56:37時点 Amazon調べ-詳細)

すきま時間を利用してレベルアップをするには絶好の機会ではないでしょうか。

運動中のオーディオブック

ウォーキングや室内体操で使うと「やる気」が上がるオーディオブックです。

これは自分がよく利用しているジャンルで、「休息の取り方」や「ストレッチの方法」についての本をエクササイズ中に聞いてトレーニングやボディケアの参考にしてます。

体に関することなので、聞いているだけで「やる気」が出てきてよりトレーニングの意識が高まる感じがいいですね。

created by Rinker
¥1,430 (2020/05/25 23:56:37時点 Amazon調べ-詳細)

家事をしながら楽しめるオーディオブック

料理や洗濯、掃除のときに「聞く」と不思議と作業の効率があがるオーディオブックです。

私もたまに料理をするときがありますが、そんなときに「食事の方法」についての内容を聞いて食材や作り方の配分を考えることがありますよ。

ほかにも掃除の仕方についてのオーディオブックもあるので、これを参考に部屋の中を一気に片づけてしまうのも良いかもしれませんね。

created by Rinker
¥1,210 (2020/05/25 23:56:38時点 Amazon調べ-詳細)

子供に絵本の読み聞かせができるオーディオブック

文字通りの「絵本」のオーディオブックです。

小さなお子さんがいたり、育児中のご家庭向けのジャンルです。

家事や家の中の仕事(テレワークなど)で手が離せない時に、こういったオーディオ絵本があると、お子さんの気が紛れますし、お母さんやお父さんの作業もはかどるので便利かと思います。

プロのナレーターや俳優さん、女優さんが朗読をしているので、大人が聞いても心が洗われる気分になりますよ。

視力の衰えた人でも本を楽しめるオーディオブック

加齢による視力の衰えや、病気などで視力に問題がある方にもオーディオブックは役立つと思います。

本の好みは人によって異なるので、これというジャンルをおすすめすることはできませんが、Audibleには様々なジャンルや種類の本が網羅されているので、必ず好みの本は見つかるはずです。

強いて言うなら、「話題のタイトル本」は多くの人にチェックされているので、比較的に外れは少ないと思いますね。

それ以外では最近では直木賞作家の小説も配信されているので、プロの文芸専門家の評価に耐えた名作を堪能するのも良いかもしれませんね。

created by Rinker
文藝春秋
¥2,035 (2020/05/26 06:45:46時点 Amazon調べ-詳細)

Audibleのデメリットとは?

次にAudibleを使ってみて感じた「デメリット」について語ってみます。

本のラインナップが少なめ(ジャンルによる)

現在のラインナップのジャンルは「自己啓発」「ビジネス・経済」「社会・政治」「文学・評論」「ライトノベル」「エンタメ・落語」「語学・洋書」で結構幅広いのですが、私が読みたい本が見つからなかったりするので、そこがちょっと不満ですね。

新刊や人気本は充実していますが、歴史やエッセイなどの自分の好きなジャンルが少なかったりしたり、好きな著者のものがないこともあるので、そこは少し不満が残ります。

その代わり人気の新刊本はすぐに出たりするので、どちらかといえばメジャーな作品をメインに扱っているという印象ですね。

とはいえ、これはあくまで私自身の好みの問題なので、他の人はどう感じるかは分かりません。

一度試してみて、実際の品ぞろえを確かめてみることをお奨めします。

価格設定が高め

オーディオブック一冊の価格が通常の紙書籍やkindle本に比べて高いというところですね。

たとえば人気本の「FACT FULNESS」の場合だと、

・kindle⇒1,782円

・単行本⇒1,980円

・Audible版⇒2,450円

になっていて、500円ほどオーディオブックのほうが高めになっています。

でもこれは本の朗読をする声優さんやナレーターさん、編集するスタッフへの人件費や、スタジオ利用代などの設備費用が含まれているので、少々高くなることは仕方がないところです。

むしろこれだけの金額の差で収まっているところが驚異的ともいえなくもないです(1,000円以上高くなることもあり得る)

その代わりに会員特典として「毎月一回のコイン付与(無料でオーディオブック一冊と交換できる)」「会員は30%割引価格で買える」があるので、月額料金を含め、全体的には納得できる料金体系ではないかなと思います。

Audibleの加入方法&使い方

アマゾンの会員アカウントを持っていると、そのまま専用のページで手続きを踏めば、自動的にAudibleサイトにもサインインできる仕組みになっています。

アマゾン会員以外で利用する場合は、「Audible」のアカウントを作る必要があります。

アマゾン「Audible」会員登録

続いて会員登録した後の方法です。

Audibleの再生方法

オーディオブックの購入と音声を再生するためのデバイスはこちら。

「パソコン・スマホ・タブレット」

これらのどれかを選んでから、次の流れに移ります。

①Audibleアプリをインストールし、アプリ内で購入&再生

②Audibleの公式サイト内で購入&再生

どちらになるかは、使うデバイスによって変わってきます。

以下でそれぞれの違いを見ていきましょう。

【パソコン】

・マイクロソフトの公式サイトでAudibleアプリをインストール(windows10のみ)⇒アプリ内で購入&再生

・ブラウザ⇒ネット検索でAudibleサイトで行き、サイト内で購入&再生(ストリーミング再生)

【スマホ・タブレット】

・アンドロイド版⇒Audibleアプリをインストール⇒アプリ内で購入&再生

・IOS版(iphone, ipad, ipad)⇒Audibleアプリをインストール⇒購入したいタイトルをウィッシュリストに追加⇒他のデバイスでAudibleサイトにサインイン&ウィッシュリストのタイトルを購入⇒IOSデバイスで再生

・ブラウザ⇒ネット検索でAudibleサイトにサインインし、サイト内で購入&再生

Kindle・Fire HDタブレットはアプリのインストール対応がないので、ブラウザでの利用になります。

アンドロイドユーザーはアプリ内で購入と再生ができますが、IOS系はブラウザとアプリの2つを往復しないといけないので、ちょっと癖がある感じですね。

Audibleを気に入ったところ

目次機能とスピード設定が気に入ってます。

目次は本と同じですが、クリックすると目的のところに飛べるのが便利です。

ネットでクリックするのと同じですね。

もう一つのスピード設定は、ナレーターによっては聞き取りにくい時があったり、逆に遅いなと感じることがあるので、そういうときの言葉の流れを自分好みにコントロールできるのが良いところです。

あとは一度聴いたけど、もう一回聞きたいときに早回しとするとか、使う目的次第で利用できるのが気に入ってます。

ほかにもスリープタイム機能があって、5分~60分、章の終わり、ファイルの終わり、カスタマイズの区分で音声時間を設定できます。

この機能の目的は就寝時間に合わせての「タイマー」的役割になっていて、睡眠導入剤として使うようにしています。

お子さんがいる家庭だと、絵本を聞かせながら寝かせることができるので便利な機能だと思いますね。

全体的にシンプルな機能で実用的という印象です。

アマゾンオーディオブック「Audible」無料体験

まとめ

最後にAudibleのサービス内容をまとめてみましょう。

・40万冊(うち日本語版が1万冊)利用可

・30日間の無料体験あり

・月額1,500円

・毎月1回のコイン付与(オーディオブック一冊と無料で交換)

・定価の30%オフの購入可

・購入後はオフラインで利用可

・返品や交換も可

・途中解約も可(無料体験期間中も含む)

どんなサービスにも良い点と悪い点がありますが、このAudibleに関しては「良い点」の方が多いと感じています。

パソコン作業中は画面の内容に頭が向かうので、本を聞くことには向いていませんが、移動中や運動中、家事など体を動かしているときにはすごく向いているサービスだと確信しています。

何よりもストレッチや筋トレなどの運動中に本を聞けるというのが、自分にとっての最大の魅力。

けっこうなストレッチマニア&体操マニアなのですし、読書も趣味の一つなので、どちらも満足させてくれるオーディオブックには満足してますよ^^

音楽でもなくラジオでもない、静かに本の世界に没入できる幸せ。

自分との向き合い方を大きく変えてくれたナイスなサービス「Audible」は個人的にすごくおすすめです。

アマゾンオーディオブック「Audible」無料体験はこちら

created by Rinker
Apple(アップル)
¥29,050 (2020/05/26 01:28:57時点 Amazon調べ-詳細)

-生活アイテム・ツール, 運動アイテム・ツール

Copyright© 体のケアと癒しブログ , 2020 All Rights Reserved.