体と心に美味しい情報をレビュー

体のケアと癒しブログ

座りすぎで垂れ下がったお腹をささっと上げる方法【目の前ですぐに効果が出る】

2020年5月16日

お腹まわりの「たるみ」はルックスに大きく作用するもの。

腕の筋肉や胸の筋肉がしっかりしていても、お腹周りが「弛緩」してでっぷり出ていると、他の部分のシェイプアップ感が一気に下がります。

逆にいえば「お腹まわり」さえ引き締めておけば、「鍛えている感」「スマートさ」が表現できるというもの。

そのための腹筋シェイプアップ法はこれまでいくつか紹介してきましたが、今回はそれらに比べてもっと簡単ですぐに目の前で効果が出る方法を紹介します。

お腹が下がる状況とは?

座っている姿勢が多いと「下がり」がちです。

これは上半身から下ってきた「重さ」が腰回りに集積されてしまうからだと私は認識しています。

さらに座り続けて足を動かさないことで、胃腸の動きも鈍くなり、それがさらにお腹周りの「重たい」感覚ををもたらしてしまうのです。

座っていると実感すると思うのですが、背中や肩回りの筋肉は姿勢を保ったり、動かしたりすることで緊張しますが、お腹周りの筋肉はまず使わないので、これも「たるんでしまう」原因になります。

お腹周りが重くなると胃下垂になったりしますし、腰に負担がかかるので腰痛の原因になったりします。

タクシーの運転手さんに腰痛が多いのも、長時間の座り姿勢が原因の一つだと思います。

つまり「座り続ける」ことは、お腹周りの見た目にも、健康的にも宜しくないということなのです。

スポンサーリンク

すぐに効果がでる「お腹引き上げ法」

お腹周りを鍛えたり動かす方法は色々ありますが、どれも一定の場所や時間を要するものが多いです。

このブログで紹介してきたエクササイズも、できるだけその場ですぐにできるようなものを取り上げていますが、それでも多少の動きや時間がかかります。

ここで取り上げる方法はそのようなエクササイズや運動ではなく、むしろ「矯正」。

手を置いて一呼吸するだけで「すっ」とお腹が上がる動きになっています。

ではその「動き」を紹介していきましょう。

【正面から】

①立つ

②両手を組んで、下腹(おへその下あたり)に添える

③両手で下腹を抑えたまま、息を吐くタイミングに合わせて、抑えた両手をお腹の方向に押す

④息を吐くのに合わせて、手の位置を徐々に上げていく(3アップ程度)

5回~10回ほど繰り返す。

呼吸は「息を吐く」ことに集中してください。

「吸う呼吸」は無意識のうちに行っているので、特に意識することはありません。

これで分かりにくい場合は、以下のサイドからの角度ビューでご覧ください。

左右両方の角度から、同じ動きを撮影しています(説明は省いています)

【左から】

【右から】

お腹を押しながら引き上げるイメージです。

大事なのは「手や腕の力だけでお腹を押さえるのではなく、息を吐いたときにお腹の中の空気を押し出すサポートを手で行う」イメージ。

これを数回行うことで、お腹が引きあがるほか(目に見えて分かります)、胃腸の動きが活性化するので、便秘解消にも効果があります。

この動きを行った後に「膝を上げる」運動を行うとベスト。

自宅でできる超簡単なダイエット運動を紹介します

続きを見る

より胃腸が動いて整腸効果・お腹のシェイプアップに良いですよ。

まとめ

その場ですぐにできる「矯正体操」を紹介させてもらいました。

見た目の変化はすぐに出るので、私は座り作業が多かったり、お腹が重いなというときは頻繁にやってます。

繰り返しますが、大事なのは「呼吸に合わせて行うこと」

手はあくまで添えるだけで、息を吐くときに「呼吸の力でお腹の中の空気を押し出しながら、それを手でサポートする」ことをイメージすると良いです。

これを行うことで、インナーマッスルも鍛えられますし、お腹が引きあがるので腰痛も予防できます。

お腹の引き上げ効果、胃腸の活性化、インナーマッスルの強化(呼吸による)、腰痛予防の4点が良い方向に動きますよ。

すぐに何度でもその場でできるので、ぜひ職場やご家庭で試してみてくださいね。

長時間デスクワークと間食で下腹が出て腰痛を併発した場合の対策法

続きを見る

より効果が増す!わき腹を引き締めるダイエット体操【しゃがみ編】を紹介

続きを見る

わき腹がキュッと締まる!サイド・下腹のぜい肉を落とす【簡単な体操】

続きを見る

落ちにくい脇腹の脂肪をとる簡単ストレッチ法を紹介!

続きを見る

寝ても座ってもOK!「お腹の脂肪を落とす」簡単トレーニング法を紹介

続きを見る

-ダイエット, 胃腸ケア

Copyright© 体のケアと癒しブログ , 2020 All Rights Reserved.