メンタル

モテる顔、モテない顔について

投稿日:2019年5月11日 更新日:

スポンサーリンク


男性にも女性にも「モテたい」という欲求があると思います。

子供の頃から社会人に至るまで、好きな相手や気に入った相手と一緒にいるために、色んな形で「出会い」を求めてきたはず。

そんなときの重要な判断材料が「見た目」

特に「顔」は人間が最初に認識する「個性」となるので、そこで少しでも相手に気に入ってもらうため、髪形を変えたり、眉毛を整えたりするだけでなく究極的には整形したりして、自分の「顔」の価値を高めようとするのです。

しかしそれほどの努力をしても「モテない」「好きな相手に振り返ってもらえない」ということが多々あります。

それも人生・・・といってしまえば簡単ですが、当人にとっては一大事。

モテる顔についての方向性が間違っているのか?

相手が求める「モテる顔」から離れているのか?

それとも「モテる」以前に、何か大切なものが自分には足りてないのだろうか?

今回はそんな疑問「モテる顔とはどんなものか?」について、自分の経験を踏まえて考察してみました。

世代・男女別「モテる顔」考察

まずが男性から見た「女性のモテる顔」についての考察です。

これは自分が男性なので比較的に想定しやすいパターンですね。

世代別に好みが分かれてくると思うので、以下に簡単にまとめてみました。

男性からみた「女性のモテる顔」

【10代~20代前半】

・美人より可愛い女の子

・人気のある芸能人に近いタイプの女の子

・全体的に「丸い」雰囲気のある顔(痩せている、太っているに関係なく)

この世代は若い世代だけあって、ミーハー的な要素が強くでる時期だと思います。

自己が確立されていない時期でもあるため、他者の評価に惑わされやすい面もあるでしょう。

また様々な面で「経験」が不足しているため、自己主張の強そうな美人タイプよりも、優し気のある可愛いタイプを選ぶ傾向もあると思われます。

【20代後半~30代全般】

・大人の魅力を持つ顔立ちの女性

・柔らかい雰囲気の顔

・笑顔が優しくなる顔立ち

社会人になって経験を積み、落ち着きを見せてくる世代です。

また結婚を意識し始める時期でもあるので、大人の女性を求める傾向が強いと思います。

その意味では、若いころのような「他の皆が良いと評価している異性」よりも、自分に合う異性を選ぶ方向に意識が向いているため、まとまった「好みの顔」が掴みにくいともいえます。

あえて言うなら「落ち着いた女性」「気取らなくてよい女性」でしょうかね。

【40代~50代】

・美人系

・優しさで包んでくれそうな顔立ち

・丸みを帯びた柔らかな女性

社会的にも十分に経験を積み、それなりの地位についている世代です。

色んな意味で自信がある時期なので、若いころよりも造形的に「美人」な顔立ちを選びやすい傾向にあると思います。

反面、仕事に疲れて癒しを求める傾向もあるので、美人タイプとは反対の優しい顔立ちの女性を好むパターンも考えられます。

女性からの「男性のモテる顔」

これは完全に「考察」になります。

というのも、自分が男性だから!

なので、「女性のモテる顔」への世代別やそれぞれの細かい考察はここでは述べません。

とはいえ、これまでの恋愛経験や周りの女性の話から、何となく見えてきた全体像はあります。

それは・・・

女性は男性ほど「見た目」にはこだわらない、ということ。

もちろん若いころは男性と同じように「アイドル」や「芸能人」に似たカッコいい顔の男子・男性を好む傾向にあるかもしれません。

ただ、次第に女性は単純な造形美としての「男性の顔」よりも、全体の雰囲気や優しさ、力強さなどの「中身」を重視するようになるような気がします。

その傾向は年齢を経るにしたがって強くなり、40代を越えれば、もはや見た目や優しさよりも「お金」という現実に目が行くといいますか・・(個人的な意見で申し訳ない!)

とはいえ、ある程度の最大公約数的な「好まれる顔」の傾向は確実にあるんじゃないでしょうか?

【女性にモテる顔】

・清潔感のある顔

・笑顔が素敵な顔

・優しさの中に意思の強さを持つ顔

どうでしょうか?

今までの経験や女性の話から、ある程度は当たっている自信はありますがね^^

スポンサーリンク

「モテない顔」の対処法

これまでは「モテる顔」について述べてきましたが、ここでは「モテない顔」について語っていきます。

顔の造形や、個々の美醜については、人それぞれに好みがあるので触れません。

まずもって「モテない顔」は大きく分けて2つに分かれると思います。

それは「魅力に欠ける顔」「不衛生な顔」

「魅力に欠ける顔」というのは、一言で言えば「笑顔が素敵でない顔」ということです。

人は誰かの笑顔を見ることで癒されます。

それは男性・女性の関係なくです。

たとえ一般的に「美男・美女」でなくても、笑顔が素敵だったり、チャーミングだったりすると、それだけで顔全体が輝いて見えます。

人は輝くものに魅かれますから。

つまり「笑顔」が素敵になるように努力すれば、「モテる顔」以上の「素敵な顔」になることができるということ。

笑顔がチャーミングになるためには、自分自身が「楽しい」「充実している」毎日を送ることが大切です。

その方法は千差万別ですが、趣味であったり、友人関係であったり、心がほっこりする時間を大切にすると、自然と心の内が充実し始め、笑顔も柔らかく自然なものになってくると思います。

悩みがあれば、それを相談したりする相手がいると、それだけでストレスが発散されて余裕ができますしね。

その方法や相手は何でも良いのですが、もし誰にも相談できない類のものであれば、「占い」を受けることも一つの方法です。

私も仕事面の方向性で悩んでいる時に鑑定をしてもらい、心の負担が軽くなりました。

【紫微斗数】Kindle本の感想とココナラ「メール占い」鑑定結果

全面的にその鑑定通りにするということではなく、あくまで気持ちの整理という程度でならば、それも一つの手段としては十分ありだと思いますね。

そしてもう一つの「不衛生な顔」。

これはどちらかといえば男性に多いパターンではないでしょうか。

一言で言えば「不潔な顔」です。

こういえば酷い表現ですが(笑)、要は「清潔感のない顔」ということになるでしょう。

具体的に言うと「無精ひげが濃い」「前歯が汚い」「鼻毛が出ている」「頭が臭い」など。

ほぼ男性ありきで、女性でこういうタイプは少ないと思うのですが、もしいれば、たとえ美人でもちょっと引いてしまうと思います。

まず「無精ひげが濃い」ですが、これはちゃんとシェービングすれば簡単に解決できます。

あとお洒落で伸ばしていて、それが似合っているのならOKです。

ただそうではなくて、単に無精なだけであれば「清潔感」からは程遠いでしょう。

手入れの行き届いていない髭ほど、見た目の不潔感はないですから・・

ただもし毎日きちんとシェービングして、それも濃さが治らなくて「不潔感が嫌だ」というのであれば、脱毛という手段もありです。

最近や男性のエステもありますし(エルセーヌMEN)、専用のシェービングローションも出ているので便利ですね。(【NULL】 アフターシェーブローション

次の「前歯が汚い」というのも、男性だけでなく、女性でもたまに見かけます。

タバコを吸う方に多いですが、顔の美醜に関わらず、黄ばんだ歯は不潔感を感じさせるのは確実ですね。

加えて「歯の汚れ」は「素敵な笑顔」からも離れてしまうので、「モテる顔」への道のりをさらに遠のかせてしまうのも確か。

これも普段からの歯磨きで努力するしかないのですが、もしすでに汚れてしまっているのであれば、美白成分を含んだ歯みがきが効果的です。

OraPearl(オーラパール)

私も試したものがありますが、結構スムーズに汚れが取れたので、なかなかおすすめです。

【ドクターオーラル ホワイトニングパウダー 体験談】歯についたコーヒーの染み取りに良いオーラルケア商品を紹介 

そして「鼻毛が出ている」のも結構、致命的です。

どんなに美男美女でも鼻からチョロっと毛がはみ出ていたら、かなり間抜けに見えますし、何か「脱力感」を感じてしまうので・・・^^;

なので鼻毛の処理は男女ともに必須ですが、自分では難しいという場合は、最近話題の「鼻毛脱毛専門店」でガッツリ処理してもらうのも良いと思いますよ。

鼻毛脱毛専門店ではみ出た鼻毛をググッと引っこ抜いてもらいたい 

最後の「頭が臭い」ですが、これも濃厚に「男性ありき」な現象です。

特に頭の脂で臭くなってしまうパターンが多いので、「不衛生な顔」以上に匂いで「モテ度」を急速に下げてしまいます。

脂性の人は、できるだけ頭皮ケアに特化したシャンプーを使うなどの工夫が必要ですね。

私が使っている美容質専売のシャンプーは「頭皮の汚れ」をきっちり取ってくれるので、発汗の激しくなる夏場には特におすすめです。

【美容室のラフィーシャンプー】しっとりまとまってセット力アップ!頭皮の匂いも改善されました 

使ってしばらくすると「油っぽい嫌な匂い」がなくなってたので、家族からの苦情もなくなって、別な意味での「モテ度」が上がったような気がします^^

仕事で接客することが多いので、頭の匂いケアは「モテる」以上に「対人マナー」で必要なのかなと思います。

まとめ

「モテる顔」「モテない顔」についての考察と対処法を提案させてもらいました。

あくまで私自身の考えと経験からくる推察を基にしていますが、女性からの意見も聞かせてもらったので、それほど方向性がずれていることはないと思います。

前回記事の「モテる人、モテない人の差」では「モテる人の基本は聞き上手」と書いたように、見た目の「モテる、モテない」よりも、まずは「相手の話をしっかり聞く、相手の考えや想いを受け止めてあげる」という行動が最も大切だと思っています。

男女の関係なく、自分を認めてもらうというのはすごく嬉しく、心地の良いことですからね。

はっきりいえば「聞き上手」であれば、それだけで相手の心を掴める最強ツールとなり得るわけですが、ただその前段階として「話ができる」状態になる必要があります。

自分が好きな異性が、あなたを嫌って近づいてこなかったり、話をしてもらえなかったりすれば、聞き上手になるチャンスすらありませんから。

ぜひとも「清潔感、素敵な笑顔」で相手との距離を縮めてくださいね。

前編⇒モテる人、モテない人の差

人気記事関節サプリ「ダイドードリンコ ロコモプロ」体験記

人気記事水虫の原因と予防・フットケアまとめ


スポンサーリンク

-メンタル

Copyright© 体のケアと身だしなみ実践ブログ , 2019 All Rights Reserved.