体と心に美味しい情報を紹介

体のケアと健康について考えるブログ

新型コロナウイルスとは?予防対策法と感染時の病院の選び方

2020年2月1日

中国武漢発の新型肺炎が世界的な流行となっています。

すでに本土では1万人前後の感染が確認されており、死者も200人以上と報道されています。

【Afp通信】新型コロナウイルス、感染者が確認された国と地域(31日午後3時30分現在)

日本でも14人の感染が認められていて、今後もその拡大の危険性が懸念されています。

そんな中で我が家の話になって恐縮ですが、観光地に近い場所に住んでいるためか、中国からの方も普段からよく見かける日常の風景になっています。

そのため我が家はコロナウイルスの報道が出始めた頃から、外出するときはマスク着用や帰宅後の手洗いを徹底し、今のところは家族にその兆候は見えていません。

観光地もこの1週間くらいで人数が目に見えて減っており、春節の時期にはあり得ない少し寂し気な雰囲気になっています。

地域住民としては静かになって嬉しいですが、そこで生計を立てている人は大変でしょう。

そんな様々な影響を世界に与えている新型コロナ肺炎。

今回はウイルスにまつわる疑問や対策を、公的機関を中心にした情報と自分なりの予防法を絡めてまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

コロナウイルスはどういうものか?

はっきりいって、私は最初このウイルスの名前は武漢で広まった新型肺炎のことだと思っていました。

サーズとかマーズのような認識です。

しかしそれはどうも違うようで、正確にはコロナウイルスという総称があって、今回の新型肺炎はその中の一つ、というくくり方になるようです。

【コロナウイルスについて】

・ヒトがに蔓延する風邪のウイルス4種類と、動物から感染する重症肺炎ウイルス2種類のことを指す

・風邪のウイルスは、一般的な風邪の症状を引き起こすタイプ

・重症肺炎ウイルスは、サーズやマーズのような動物から人に感染して重度の肺炎症状を引き起こすタイプ

参照元:コロナウイルスとは-国立感染症研究所

つまり「コロナウイルス」は特定のウイルスを指すのではなく、風邪や肺炎の症状をもたらすウイルス全体のことのようです。

なので今回のコロナは「新型コロナウイルス」とされ、重度の肺炎症状を引き起こすタイプに分類されます。

サーズやマーズは感染拡大のための「感染症法」が適用されて防止策がとられました。

今回の新型コロナは「指定感染法」が適用され(新型肺炎「指定感染症」2月1日施行 WHO緊急事態宣言-日本経済新聞、国を挙げての対策が行われることになっています。

スポンサーリンク

ワクチンの開発は進んでいるのか?

各国とも猛ピッチで研究開発を勧めていますが、まだ成果は見えていません。

そんな中で日本の国立感染症研究所が新型コロナウイルスの分離に成功したとの報道があり、ワクチン開発の進展に希望がみえてきています。

新型コロナウイルス:国立感染症研究所が開発した細胞で分離に成功

ただ臨床試験も含めた大きなワクチン開発の進展は、今年の夏かそれ以降になるとの見通しもあり、本格的な治療法の確立にはまだ時間がかかるようですね。

新型コロナウイルス、世界の研究者がワクチン開発急ぐ 今夏の臨床試験を視野に―英国BBCニュース

予防法はあるのか?

ワクチンや治療法が存在していない現在、インフルエンザと同様の予防法が推奨されています。

とくに「手洗い」が最も重要だということ。

「手洗い」について東京都感染症情報センターでは、

・流水と石鹸による手洗いを頻回に行うこと

・「外出した後」「咳をした後」「口や鼻、目などに触る前」に手洗いを徹底すること

・咳やくしゃみをする場合には、口と鼻をティッシュや手で覆うこと。その後、ティッシュは捨てて、流水と石鹸で手を洗うこと

・皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコールを用いること

・消毒薬液を十分に含ませたペーパータオル等で拭き取るようにすること

・消毒液の噴霧は、不完全な消毒やウイルスの舞い上がりの可能性があるため、避けること

参照元:「新型コロナウイルス感染症に関する情報~予防のポイント」-東京都感染症情報センター

としています。

その「手洗い」の徹底はコロナウイルスの特性を考えてもかなり有効のようで、その理由は

・コロナウイルスが脂を主成分とする膜につつまれていること

・石鹸の手洗いで、膜を破壊してウイルスを殺す働きがある

参照元:コロナウイルスは正しく知れば「防御」できる―東洋経済オンライン

とされています。

一方で「うがい」は実はそれほど有効ではないということ。

それは「ウイルスが粘膜に付着してから、15~20分で体内に侵入し、感染を成立させる」(上記サイトより)という理由にあるよう。

どうしても喉の保護を考えるなら、帰宅後のうがいだけでなく、外出中に小まめに水分をとって「喉の粘膜を潤すこと」も重要となっています。

喉の湿潤には「異物の排除機能を高める効果」があるので、外先でその場で乾燥を防ぐこと、仕上げに帰宅後の「うがい」で再び喉を潤すという流れがベストだと思いますね。

マスクは「鼻やのどの気道を保温・保湿することで、粘膜を保護して機能を高める」という意味では有効ですが、科学的には風邪予防の立証はされていないようです。

なので、あくまでもサブアイテムとして活用し、ウイルス予防の基本は「手洗い」「外出先での小まめな水分補給」が望ましいです。

感染した時の病院の選び方とは?

最悪のパターンになりますが、誰しもその可能性は捨てきれません。

その場合は新型コロナウイルスは指定感染症に指定されているため、病院に行く場合は、事前に連絡を入れる必要があります(院内の感染の恐れや受け入れの準備があるため)

また病院によっては対処できない場合もあるので、保健所や地元自治体の健康福祉関連の部署に事前の連絡を求められる場合も考えられます。

国が指定する感染症医療機関の一覧(各都道府県別)もありますので、こちらも参考にしてください。

⇒感染症指定医療機関の指定状況(平成31年4月1日現在)-厚生労働省

加えて、自身が「新型コロナウイルス」にかかっているかどうかを判断する指針として

【第1条件】

・37.5度以上の発熱がある

・呼吸器症状がある

人で、なおかつ

【第2条件】

・武漢への渡航歴、滞在歴がある

・武漢への渡航、滞在歴があり、発熱と呼吸器症状がある人との接触がある

・新型コロナウイルスの患者や疑いがある人と、予防策なしで2メートル以内に接触したことがある

が「疑わしい」症例になります。

当てはまる場合は、上記に挙げた自治体や医療の関係機関に連絡することをお勧めします。

心がけているウイルス対策

最後に私自身が心がけている風邪やウイルス予防対策を紹介します。

基本は「のどの保護」「手の消毒」「体を温めること」「日光浴」「適度な運動」「栄養摂取」の6つを心がけています。

前者の3つは、インフルエンザを始めとした風邪やのどの症状は冬場の乾燥した時期に発生しやすく、その場合を想定してのことです。

後者の3つは一年を通じて毎日心がけている習慣のようなものですね。

ではそれぞれを説明していきます。

のどの保護

「外出先でのマスクの着用」「水分のこまめな補給」で対応しています。

マスクの種類には特にこだわっていないのですが、100円ショップなどで売られているようなタイプは避けていますかね。

大手ブランドのしっかりしたものや、夜間の空気の乾燥を考えて「のどを湿らせる」マスクも時々使ってます。

「水分の小まめな補給」は、お茶のペットボトルや水筒で対応しています。

カテキンには殺菌作用もあるので、カテキンを濃厚に含んだ粉末緑茶を携帯して持っていくことも多いですね。

特に屋久島の緑茶は味にコクがあって美味しいので、ここ数年来のお気に入りです(家でも飲んでます)

カテキンたっぷり!上品で優しい味わいの粉末緑茶「屋久島@深山園」レビュー

粉末緑茶シリーズです。 昨年の11月にNHKガッテン!の「口内フローラ特集」で紹介された「粉末緑茶」を実際に色々と試してきました。 粉末緑茶で口内フローラのバランスを整えよう! 普段飲んでいるお茶に優 ...

続きを見る

携帯に便利なボトルタイプ粉末緑茶「屋久島@深山園」レビュー

粉末緑茶は、その優れた健康効果から(歯周病予防、動脈硬化予防、がん予防、リウマチ予防、認知症予防など)、多くの医学系番組で紹介されてきました。 このブログでも、粉末緑茶を取り上げるきっかけとなったNH ...

続きを見る

手の消毒

外先でウイルスが最も付着しやすい部分の消毒です。

ウイルスが付着するという意味では、髪の毛や衣服もそれに当たりますが、特に手は目や口に一番触れやすい部分になるので、念入りに殺菌して体内への感染を予防します。

我が家ではアルコール消毒剤や液体ソープを使って、帰宅時に両手を丁寧に洗い流すようにしています。

噴射式のタイプは逆にウイルスをまき散らしてしまうということなので、最近はポンプ式に替えていますね。

あとドアノブを消毒するときは、消毒用のウェットティッシュを使っています。

体を温めること

特に冬場の対策になります。

外先ではヒートテック素材を使ったインナーやフリースを着たり、首元を冷やさないためにマフラーも欠かさないようにしています。

冷え性ではないので、寝る時は特に普通のパジャマで寝具に潜り込みますが(寝込みが良い方なので)、どうしても「寒いなあ」というときは、しょうが粉末を入れたほうじ茶を飲むようにしています。

しょうが粉末は少量でもかなり体が温かくなりますし、何より健康に良いので(抵抗力も上がる)、これも先ほど挙げた粉末緑茶と同じく数年来の友です。

粉末タイプのポカポカ食材「みらいのしょうが」レビュー

ショウガ粉末の実飲レビューです。 ネットで評判の「黄金生姜」を購入しました。 かなり濃厚な味わいのようで、これを飲んでいた友人も「飲んだらカッカするよ」と教えてくれたので、これは冬場の冷えや風邪予防に ...

続きを見る

日光浴

太陽光を浴びることで免疫機能を高める効果があります。

日光浴にはカルシウムの吸収を良くするビタミンDの生成を高める効果が有名ですが、最近の研究では免疫力を上げて癌を防ぐ働きが報告されています。

太陽の光を浴びて癌治療する日が来る? 最新研究が明かす免疫の謎-Newsweek日本版

個人的には単純に「気持ち良い」からポカポカ太陽に当たっているという面もありますが(笑)、免疫を上げるという意味ではウイルス対策にも有効だと思っています。

5分~15分くらいの時間で穏やかな太陽光を浴びるがベストです。

適度な運動

体を動かすことで代謝が良くなり血流も促進されます。

血流の促進は体温を上げ、免疫アップにつながります。

筋肉の量を増やすことは血流アップにもつながるので(筋肉には血液をポンプのように送り出す働きがある)、腕立てやスクワット、懸垂といった自重筋トレをメインにトレーニングを定期的に続けています。

ウォーキングやストレッチでも血流を上げる働きがあるので、筋トレが難しい方は以下の体操をおすすめしています。

年齢に関係なくできる「かんたん室内トレーニング」4選

運動不足は健康に良くないだけでなく、見た目のマイナスにもつながります。 引き締まった顔や体は見ていて気持ちの良い物。 年齢や男女問わずに「格好いい!」となりますよね。 もちろん高齢者の方などは、筋力の ...

続きを見る

栄養摂取

免疫力を上げる食材としては「根菜」「緑野菜」があります。

「健康レシピ」免疫力と抵抗力を高める食材-昭和大学

以上のサイトによると「ニンジン、レンコン、ジャガイモ、ブロッコリー、ゴボウ、タマネギ、長ネギ、ニンニク、シュンギク、カボチャ」が免疫・抵抗力アップに良い野菜として挙げられています。

この中でも私が定期的に摂取しているのが「ニンジン、ネギ、ブロッコリー」です。

ニンジンとブロッコリーはジュースの形で飲んでいます。

【ピカイチ野菜くん】免疫アップに良い「冷凍にんじんジュース」レビュー

ネットで見つけた野菜ジュースです。 それも冷凍バージョンの「にんじんジュース」。 定期購入でお得に!葉っぱ付きまるごとにんじんジュース 葉っぱもついていて、生絞りのままをパックしたというので、かなり新 ...

続きを見る

【サンスター 緑でサラナ】コレステロール抑制によい野菜ジュースレビュー

緑野菜を中心にした健康飲料です。 メーカーはサンスターということで、個人的には歯磨き粉のイメージが強い感じがあります。 健康飲料にも分野を広げていたとは驚きですね。 そんな大手ブランドの繰り出す健康飲 ...

続きを見る

ネギはみそ汁や鍋の常連でほぼ毎日食べていますね。

ガッテンで紹介されたネギとヌルを食べてみた!

前回記事で紹介したNHKガッテンの「驚異のネギパワー!」を実際にネギを買ってきて試してみることにしました。 Contents ネギを実食!ネギの「ヌル」をより詳しくネギスープの完成!味の感想とまとめ ...

続きを見る

ビタミンAやカロチン、食物繊維をはじめ、アリシンなど体の抵抗力をつけるのに良い栄養分が満載な食材なので、ぜひとも毎日摂るようにしましょう。

市販の野菜ジュースでも良いのが多くあるので、こちらも参考にしてください。

体と味覚に美味しい「野菜ジュース」おすすめランキング【6選】

最近、毎日の食事でちょっと野菜不足が目立つようになってきたので、野菜ジュースで補うことにしました。 スーパーで買い求めた4本のタイプと、通販購入した2本を取り上げています。 あくまで私個人の感想になり ...

続きを見る

まとめ

新型コロナウイルスの実態と予防法について、公的機関のデータを中心に、私自身の対策法と併せてまとめてみました。

冬場ということで空気も乾燥し、気温も下がって体温の低下もあって、体の免疫力や抵抗力が下がりがちです。

こんなときだからこそ「風邪予防」の基本に立ち返り、シンプルなウイルス対策を毎日の生活の中で実施していくことが大切だと思います。

体調をキープしつつも、万が一にも症状が出た場合は、すぐに自治体や関係医療機関に連絡して対処するようにしましょう。

*目からの感染予防のためのペットボトルマスクを作ってみました↓

【ウイルス飛沫感染対策】ペットボトルの防護マスクを実際に作ってみました【写真レビュー】

2019年12月末に中国の武漢で発生した新型肺炎「コロナウイルス」。 その猛威は留まるところを知らず、世界各地で感染者が出てきています。 本土ではすでに1万人近くの感染者が確認されており、日本国内でも ...

続きを見る

【ウィルス対策】ペットボトルを使ったマスクの作り方を紹介【海外動画より】

中国の武漢から発生したコロナウイルスによる新型肺炎が世界的に蔓延しています。 すでに中国国内では感染者が4,000人、死者は100人以上との発表が出ています。 世界に拡散する新型コロナウイルス、感染者 ...

続きを見る

のどや鼻の不調をケアする「食べもの・飲みもの・グッズ」10選

毎年、冬から春にかけての時期は、空気が乾燥するだけでなく、花粉症も飛び交って、鼻や喉が不快になり、粘膜を傷めやすくなってくる季節です。 加えて最近の猛暑で夏場はエアコンが効きすぎるため、夏風邪にかかり ...

続きを見る

-まとめ・ランキング, 喉・鼻ケア

Copyright© 体のケアと健康について考えるブログ , 2020 All Rights Reserved.