肩の腱のケガから守る「肩甲骨体操」を紹介【体験談】

投稿日:2019年8月24日 更新日:

スポンサーリンク


中高年に多いとされる「肩腱板断裂」。

見るからに痛そうな病名ですが、もちろん文字通りに肩回りの筋が切れてしまうという、ケガのような状態を指します。

実は私の70代になる父親が数年前にこの症状を体験しました。

庭先での作業中、重いものを持ちあげて踏ん張ったときに「ブチッ」という音がした途端、痛みが走り、肩が動かせなくなったそぅです。

病院で診てもらうと「肩腱板断裂」と診断され、投薬とリハビリのために数か月、通院することになりました。

腱板というのは、肩甲骨と腕の骨をつなぐ筋肉の先にある腱で、腕を上げたり回したりする時にスムーズに動けるよう役立つ箇所です。

この部分は加齢によって弱っていき、日常の姿勢の悪さや無理な動きが重なると断裂に至ることがあります。

父はまさにその典型例で、普段から猫背で目が悪いために体が前に傾斜する癖があるだけでなく、腕の力で何でも無理やりにこなそうとする悪癖があったため、知らず知らずのうちに肩腱板に負担がかかってしまい、重いものを急に持ち上げたことがきっかけで断裂に至ったようです。

医師曰く「いったん腱が切れてしまったら、自然に戻ることはない」とのことだったようで、さすがの父も意気消沈していました。

ただ適切な治療を受ければ改善するとのことで、ヒアルロン酸やステロイド、鎮痛消炎剤などの薬物治療と、リハビリをしばらく続けていると、痛みはずいぶんとマシになったそうです。

「もう、あの痛みはええわ」

今でも腱が切れた時のことを聞くと、そうしみじみ語りますし、同じ痛みと不自由さを二度と体験したくないのか、それから医師に推奨された体操を毎日行っているようですね。

今回はそんな父親が毎日行っている「予防体操」を紹介したいと思います。

肩甲骨体操を実践!

父が医師から教えてもらった体操を私が実践することにします。

①まずは両手をお腹(おへその辺り)の前に組みます(写真では見えませんが、前で組んでます)

②次にそのまま胸を張り、肩甲骨を内側に寄せます。

③ゆっくりと大きく胸を動かすように呼吸をしながら、これを5~10回繰り返します。

以上が予防体操になります。

簡単ですよね?

要は「肩甲骨を動かして、その周辺の筋肉を柔軟に保つ」というのがポイントのようで、これによって肩腱板にかかる負担が随分と軽減されるようですね。

肩甲骨を内側に寄せることで、外に広がりがちになる腕や肩を引き戻し、曲がりがちな背中をまっすぐにする効果も見込めるかと思います。

背中が曲がった状態で歩いていると、体は腕を使ってバランスを取ろうとします。

その時に背骨と腕をつないでいる肩甲骨の周辺の筋肉が硬化して動きが悪くなり、腕の動きに肩がついていけなくなります。

その結果、肩関節内で腱板がねじられたり、骨とこすれたりして、断裂しやすい状態になるようです。

父親はまさにこれで、長年の酷使で積み重なった結果、両肩の腱板を切ってしまうという事態に至ってしまったのです。

幸い、切れたのは一部の腱だったので、薬物治療とリハビリで症状は改善されました。

肩も普通に上げられるレベルにまで回復し、日常生活は支障がないようになっています。

さすがに重たいものは持てないようですがね^^;

断裂から数年たちますが、そのときの痛みの感覚と不自由さが忘れられないのか、父親は今でも毎日この体操を欠かしていないとのこと。

私もその話を聞いてから、最近は毎日行うようにしています。

肩周りの柔軟性は大切ですからね。

スポンサーリンク


まとめ

加齢による腱板の劣化や、長年の酷使で断裂してしまう恐れもある「肩腱板」。

父親はその例に漏れず、ブチっと両肩の腱板の一部を見事に断裂させてしまいました。

もともと若いころにスポーツマンだった父は、体の使い方に未だに自信をもっているのか、年を取ってからも無茶なウォーキングやハイキングで足を痛めてしまうことが頻繁にありました。

⇒【ロコモプロお試し購入】評判の高い軟骨成分サプリを試してみた!

そのときは疲労からくる痛みだったせいか、軟骨系サプリを飲んで何とか収めることができましたが、肩腱板断裂は物理的な症状を伴うものなので、専門の治療を受けることで何とか事なきを得たという感じです。

若いころは筋肉の柔軟さもありますし、他の部分の筋肉や骨の強さで全体の動きをカバーできますが、年を経るにつれて全身の動きが固くなっていき、筋肉も委縮しがちになってしまうため、加齢してからの無理な動作は事故を生みがちです。

その意味で、今回紹介させてもらった「予防体操」は医師直伝ということで信頼性がありますし、かなり簡単な方法なので、毎日欠かさず行える利便さもあると思いますね。

私はまだ40代なので、この運動プラス、以前に購入した「のび~る」で肩周りの筋肉を動かすようにしています。

【のび~る 体験談】肩こりに効く!肩甲骨ストレッチ器具の紹介

高齢者はシンプルな体操で、若年および中高年層は器具などを使った運動を加えれば、より丈夫な筋や腱を保てるのではないのでしょうか?

ということで、ぜひとも肩回りのケア体操の一つとして参考にしてもらえればと思います。

【まとめ】腰痛・関節サポートグッズ&ストレッチ紹介

腰痛・関節ケアの総まとめレビューです。 これまで取り上げてきた「サポートグッズ」「体操・ストレッチング方法」をまとめてみました。 腰痛・関節ケア周りで良いものをお探しの方は、よければ参考の一助にしてく ...

続きを見る

プロテオグリカン配合「関節ケアサプリメント」3選

関節・軟骨成分サプリメントの紹介です。 これまで自分自身で購入して良いなと感じたものを取り上げてみました。 軟骨や関節ケアサプリで良いものを探している人は、参考の一助にして頂ければと思います。 目次プ ...

続きを見る

-肩・腰・ひざケア, 運動・ストレッチ

Copyright© 体のケアと身だしなみレビューブログ , 2019 All Rights Reserved.