健康、ボディケア、コスメの情報&体験レビュー

体のケアと健康について考えるブログ

心臓・血管 肥満・メタボ

【血圧ケア】ポリフェノールたっぷりの薄皮つきピーナッツを米酢で漬けてみた!

投稿日:

ピーナッツを食べて健康になろうシリーズです。

最近購入した書籍「酢ピーナッツでやせる!血管を強くする!」で書かれていたレシピを実践していこうと思います。

 

酢ピーナッツとは?

 

酢で漬けたピーナッツのことです。

ピーナッツには健康効果があり、アンチエイジングを始めとした様々な働きがあるといわれています。

特に「ピーナッツの薄皮には老化を防ぐポリフェノールが大量に含まれている」ことや、含まれている「不飽和脂肪酸が血管を丈夫にする」などが挙げられます。

www.karadanocare.com

www.karadanocare.com

そんな健康に良い栄養価たっぷりのピーナッツを酢で漬けて、より健康効果の高いピーナッツ料理を作ることにしました。

参考にしたのが、こちらの本。

 

 

 

医師が監修した、レシピ付き酢ピーナッツ本です。

酢ピーナッツの効果や情報がコンパクトにまとめられています。

 

 

ピーナッツに含まれるオレイン酸や、薄皮部分のレスベラトロールで「血管の健康やダイエット、脳の働き」に良く働くほか、酢が持つ「血圧の上昇を防ぐ働き」が加わって、すこぶる体に美味しい健康効果が期待できるといいます。

書籍ではそんな酢ピーナッツを使ったレシピを数多く紹介していますが、今回はその下ごしらえとなる「酢ピーナッツ」の製作にとりかかっていきましょう。

 

酢ピーナッツを作ってみよう!

 

まずはレシピです。

 

 

用意するものは、

 

・薄皮つきピーナッツ(素炒りもしくは殻をむいたもの)⇒200g

・醸造酢⇒300g

・保存容器

 

です。

実際に用意した素材がこちら。

 

 

千葉県産の素煎り落花生と、米酢、百円ショップで買った容器です。

容器は事前に煮沸消毒しておきました。

では始めましょう。

 

①ピーナッツは薄皮を剥かずに容器に入れる

 

②ピーナッツにかぶるくらいの酢を注ぐ

 

③蓋をして冷蔵庫で3~5日保存する(ピーナッツが酢を吸ったら、酢を注ぎ足す)

 

あとは酢を継ぎ足しながら、5日待つだけです。

完成したら、実食レビュー感想を記事でお伝えしましょう。

一体どんな味になっているのか、出来上がりが楽しみですね!

 

まとめ

 

 

以外に簡単に作れた酢ピーナッツレシピ。

ここまで簡単な作り方なのだから、もし美味しければ、あらゆる料理に応用できる庶民派の健康食材になることは間違いなしですね。

完成すれば、それを使った本掲載レシピもバシバシ試していきましょう。

薄皮つきピーナッツのレスベラトロールとオレイン酸、食物繊維、酢の酢酸のパワーをぜひ!

 

【料理一覧】

⇒薄皮つきピーナッツ雑炊レビュー

⇒ピーナッツ入りサケ雑炊レビュー

⇒ピーナッツ入りカニ雑炊レビュー

⇒ピーナッツ入りオムレツレビュー

⇒炙りピーナッツ・ペーストレビュー

 

-心臓・血管, 肥満・メタボ,

Copyright© 体のケアと健康について考えるブログ , 2019 All Rights Reserved.